「ZIP!」内アニメ「朝だよ!貝社員」モリ・マサ監督、放送3年目は「良い意味で壊していきたい!」

2018/06/04 18:00 配信

アニメ

「朝だよ!貝社員」が3年目に突入。モリ・マサ監督に話を聞いた

「朝だよ!貝社員」が3年目に突入。モリ・マサ監督に話を聞いた

朝の情報エンターテインメント「ZIP!」(毎週月曜~金曜朝5:50、日本テレビ系)内アニメ「朝だよ!貝社員」が3年目に突入。そこで、モリ・マサ監督に話を聞いた。

「朝だよ!貝社員」は、哀愁漂う歌とコントで“会社員あるある”を描いた作品。放送話数は500話を超え、「ZIP!」内アニメとしては初となる3年目に突入、さらに書籍発売も決定している。

――「秘密結社 鷹の爪」などで知られる、FROGMANさんの元で働かれていたそうですね。

そうですね。最初の何年かはADとして下積みを積んでいました。それから、2013年に読売テレビ系で放送されていた「にゅるにゅる!!KAKUSENくん」の脚本をやって、その後の2期では監督・脚本をやっていました。

それ以外にも、お金をテーマにした「わんわんわんコイン」や、「コロコロコミック」(小学館)さんとの企画「そり猫」などのショートアニメ作品でも監督・脚本をやっています。

――「朝だよ!貝社員」は平日毎日の放送ですが、量産する上で意識している事はありますか?

クリエイティブをどこまで突き詰めるかの線引きですかね…。こだわるところはこだわりつつ、1点に固執しすぎて他に影響が出ない様にしたりという。

――今まで放送された話数は500話を超えるそうですが、一番大変だった事は何でしょうか?

500話以上制作したことですかね(笑)。「一段落した」とか「終わった」という解放感があまりないというか…(笑)。

――どのようにしてお話のアイディアを出しているのでしょうか?

いろんな方法がありますが、実体験から生まれたものもあります。例えば、フルイ貝の回「過去の栄光」は、飲み屋で隣にいたおじさんがモデルになっています。

ほろ酔いのおじさんが、鞄からどでかいアルバムを取り出して、写真を1つ1つ辿りながら過去の栄光を語る…という話なのですが、私が実際に飲み屋でその被害に遭いました(笑)。初対面なのに…。

しかも、このご時勢にあんなでかいアルバム常備するなんて…。でもノンフィクションです(笑)。あと、日テレ「ZIP!」での帯の放送になってからは、制作チームみんなで考えています。

――ネタ切れになったりしないんでしょうか?

今のところは大丈夫です(笑)。多角的にコンテンツを広げていくようにして、ネタ切れにならないようにしています。キャラクターの背景やお話の舞台を掘り下げていったり、「パロディ」「冒険」「恋愛」など様々なテーマとかけ合わせたりして。

たまに変わり種の話をやると「貝社員はもうネタ切れなんじゃないか?」とか言われたりするんですが、そうではなくて「新しい事をやって進化しよう!」という極めてポジティブなチャレンジなのです!(笑)

3年目に挑戦したい事とは? (2/2)

■アニメ「朝だよ!貝社員」
毎週月曜~金曜朝6:45ごろ 日本テレビ系
(「ZIP!」内で放送)
■放送3年目突入記念イベント「朝だよ!貝社員の株主総貝」
6月9日(土)ベルサール六本木(東京)
■書籍「朝だよ!貝社員 激レア!どうぶつ図鑑」発売情報
発売中 1300円(税別)
■モリ・マサ監督Twitter
【Twitter】@mori_masa_

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!