「終着駅シリーズ」のプロデューサーが作品に懸ける思いを語る!

2018/06/23 07:00 配信

ドラマ

森村誠一ミステリースペシャル「ガラスの密室」で新宿西署の刑事・牛尾を演じる片岡鶴太郎

森村誠一ミステリースペシャル「ガラスの密室」で新宿西署の刑事・牛尾を演じる片岡鶴太郎

番組プロデューサーが作品に込める思いを告白!


片岡鶴太郎が1996年から主演を務める「終着駅シリーズ」で、新宿西署の刑事・牛尾正直。森村誠一の原作に登場して30周年、“牛尾刑事30周年記念作”の第2弾として、6月24日(日)に「森村誠一ミステリースペシャル『ガラスの密室』」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)が放送される。

人気シリーズとして長く続いてきた「終着駅シリーズ」の土台ともいうべき脚本は、どのように構築されているのか? シリーズ第1作目からの歴史を知る佐藤凉一プロデューサーに脚本作りや作品に込めた思いを聞いた。

――「終着駅シリーズ」の脚本作りは、どのようにされていますか? 

つねに脚本家さんには森村誠一先生の原作を5、6冊以上読んでもらっています。毎回、どの作品を映像化するのか考えるのがスタート地点です。そこから、脚本家さんと「この原作ならば、こんなふうにアレンジできるのでは」とか、「こういうテーマが描けるのではないか」などとキャッチボールを繰り返し、1本にしぼっていく作業をします。

そして原作を選んだあと、原作のどこをエッセンスとして描くのか、また時代性も考慮してトリックなどを見直し、プロットを脚本家さんに考えていただきます。さらに、最初のプロットを基にして 「こういう人物が登場した方が面白いのでは」「こういう事件が起きた方が、謎が深まるのではないか」など、具体的な構成を積み重ねて、その上で執筆に入っていただきます。原作を選ぶところから脚本に入るまで、半年ぐらいかかりますね。

6月24日(日)夜9:00-11:05
森村誠一ミステリースペシャル「ガラスの密室」
テレビ朝日系にて放送
原作=森村誠一
脚本=坂上かつえ
監督=池広一夫
プロデューサー=佐藤凉一、目黒正之、井元隆佑
出演=片岡鶴太郎、黒谷友香、益岡徹、小木茂光、鳥居みゆき、金子昇、中田喜子、岡江久美子ほか

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!


関連人物