初選抜の末永桜花は“ありそうでなかったSKE48の1つの形”【SKE48・チームE座談会 前編】

2018/06/29 06:30 配信

芸能一般

SKE48・チームEの6人が新曲「いきなりパンチライン」などについてトーク

SKE48・チームEの6人が新曲「いきなりパンチライン」などについてトーク

撮影=武田真由子

7月4日(水)に23枚目となるシングル「いきなりパンチライン」をリリースするSKE48。同楽曲は松井珠理奈が2作ぶりにセンターを務め、チームEの末永桜花と佐藤佳穂が初の選抜メンバー入りを果たした。

今回は末永&佐藤に加え、同じチームEの選抜メンバーである須田亜香里、鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰に集まってもらい、SKE48の10周年イヤーを熱く盛り上げる同楽曲や初選抜の2人のことなどについて話を聞いた。

「“このグループは熱いな!”って思ってもらえたら」(熊崎)

――まずは「いきなりパンチライン」がどんな曲なのか教えてもらえますでしょうか。

熊崎:今回は“情熱”がキーワードで、MV撮影も髪の毛が乱れるのも気にしないでひたすら踊った、激しく熱いMVになっています。見ている方に「このグループは熱いな!」って思っていただけたらいいなって思いますし、サビが耳に残るメロディーなので、皆さんに口ずさんでもらいたいです。

――MVを拝見しましたが、火があって暑そうでした(笑)。

鎌田:暑かったですね。火があるっていうのもそうなんですけど、実は今回の撮影は踊っている時間がすごく長くて。振り入れで9時間くらいですかね?

須田:振り入れに丸1日使った感じだよね。

鎌田:ガッツリやらせていただきました。その後の撮影自体もほぼ休憩がなかったんじゃないかっていうくらいの勢いで、6時間くらいぶっ通しで撮って、これができるのがSKE48の1つの強みだなって思いました。髪の毛がバサバサになるくらい1回1回にみんなが本気で、くま(熊崎)も言ってくれたんですけど、「“情熱的”とは何か!?」みたいな、ちょっと“国語の授業”的なこともあったりして。火の熱さを越えた私たちの熱さから皆さんに何か伝わるものがあればいいなと思います。

――“国語の授業”という言葉が出ましたけど、みんなで歌詞を読み解いたりとかそういうことですか?

鎌田:例えばですけど、「情熱的なポーズをして」って言われて「何だろう」って考える瞬間があったりしました。今までのSKE48の曲だと“爽やか”とか“元気”というワードが多かったんですけど、今回は“情熱的”という私たちにとってはちょっと抽象的なワードがテーマで、曲もあまりSKE48にはなかったタイプなので、新しいことを考えるきっかけになりました。

末永&佐藤の初選抜発表時の様子は? (2/4)

「いきなりパンチライン」
7月4日(水)発売
1524円(税抜)
avex trax

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース