岩田剛典「下を脱ぐのが大変でした…」水中シーンの苦労を吐露

2018/07/01 12:08 配信

詩と音楽、映像を一つに融合した「CINEMA FIGHTERS project」の最新作、 映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」が公開2週目となる6月30日、同企画の企画者の一人でありSSFF & ASIA代表の別所哲也と、「ファンキー」で主演を務めた岩田剛典が都内で行われた舞台あいさつに登場した。

「ウタモノガタリ―」は大ヒット上映中

「ウタモノガタリ―」は大ヒット上映中

(C)2018 CINEMA FIGHTERS

MCからSSFF & ASIAで三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEがフェスティバルナビゲーターを務めたことについて聞かれ、岩田は「すごく豪華なセレモニーでした。出演者の方もものすごく豪華な方ばかりで、とても貴重な経験になりました」と振り返る。

また、 SSFF & ASIA の代表でもある別所は「セレモニー後のガラパーティーで、岩田さんには乾杯の音頭をとってもらい、すてきに開幕することができました」とエピソードを披露した。

岩田剛典が「ウタモノガタリ―」の舞台あいさつに登壇した

岩田剛典が「ウタモノガタリ―」の舞台あいさつに登壇した

(C)2018 CINEMA FIGHTERS

そして岩田は、出演作「ファンキー」の脚本を読んだときの印象を聞かれ「正直初めて読んだ時は、“これはどれにかかっているのか”とか、いろいろな疑問が浮かんだのですが…。

(石井裕也)監督に相談したら、監督にはゴールがちゃんと見えていらっしゃっていて、そういった“監督のみぞ知る”ことがあるので、石井さんを信じて撮影に挑みました」と当時の心境を明かす。

また、役作りや撮影の苦労について問われると「全編サングラスをかけている役は初めてだったので、目の芝居ができないのが苦労しました」と、岩田は登場する“ファンキー集団”のトレードマークの1つでもあるサングラスについての苦労を告白。

岩田のアニキ感を別所も絶賛! (2/2)

映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」
公開中
【公式HP】http://utamonogatari.jp/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物