岡田将生『この役と心中したい』NHKで「昭和元禄落語心中」ドラマ化

2018/07/04 14:27 配信

ドラマ

主人公・八雲を演じる岡田将生

主人公・八雲を演じる岡田将生

NHK総合では、10月12日(金)より岡田将生が主演を務めるドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45)を放送することが分かった。

同作は、累計190万部を突破した雲田はるこの同名漫画を実写ドラマ化。岡田の他にも、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎らが出演し、師弟や男女の情愛、嫉妬、そして謎めいた死を巡るミステリーの世界を描いていく。

昭和初期、落語の世界に入った八雲(岡田)は、同期入門の落語の天才(山崎)と固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、もがき苦しみながらも、芸者のみよ吉(大政)に支えられながら成長していく。やがて、助六とみよ吉が結ばれるが、二人で謎の事故死を遂げてしまう。

二人の遺児・小夏(成海)を引き取った八雲は、その後も落語家として出世。八雲を恨み続ける小夏は、八雲の弟子・与太郎(竜星)と共に、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫る。

岡田は、出演に際し「このドラマのお話をいただいた時は、正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品のために落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです」とコメント。

しかし、「僕が演じさせていただく八雲という人物に、どんどん興味が沸き、演じてみたい、やりたいと思う気持ちが大きくなり、この役と心中したいと思いました」と真剣に語る。

そして、初挑戦の落語家役に「今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみにまっていてください」と意気込んだ。

「昭和元禄落語心中」
10月12日(金)スタート
毎週金曜夜10:00-10:45
NHK総合で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース