北原里英、初めて尽くしの舞台で感じさせる期待と充実感<「新・幕末純情伝」インタビュー前編>

2018/07/07 08:00 配信

芸能一般

北原里英が、舞台「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」(7月7日~30日、東京・紀伊國屋ホール)で初めて本格的な舞台に挑み、初主演を務める。

同作品は、「新撰組の沖田総司は女だった」という物語で、劇作家・つかこうへいの代表作の一つ。これまで牧瀬里穂、広末涼子、石原さとみ、桐谷美玲らそうそうたる女優が主演を務めてきており、北原は10代目の沖田総司となる。

今作では、トレンディードラマをはじめ、数々の話題作を手掛けてきたフジテレビ・河毛俊作エグゼクティブディレクターを演出に迎え、これまでとは違った「新・幕末純情伝」に期待が掛かる。

「ザテレビジョン」では、6月上旬の稽古が始まったばかりの北原を直撃。4月にNGT48を卒業し、女優として「一つ目の大きな仕事」となる北原に、初めての舞台出演や座長としての意気込みなどを語ってもらった。

前回演じたのが松井玲奈だからこそ…北原里英の思い (2/3)

舞台「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」
7月7日(土)~7月30日(月)
会場=東京・紀伊國屋ホール

作=つかこうへい
演出=河毛俊作
出演=北原里英、味方良介、小松準弥、田中涼星、増子敦貴、松村龍之介、細貝圭 ほか
公式サイト=https://shin-bakumatsu2018.com



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!