菅田将暉の渾身大ジャンプ&山田孝之の車椅子アクションに大反響!「身体能力半端ない」<dele>

2018/07/28 14:22 配信

ドラマ「dele」で山田孝之&菅田将暉が見事なアクションを披露!

ドラマ「dele」で山田孝之&菅田将暉が見事なアクションを披露!

撮影=龍田浩之

山田孝之&菅田将暉が主演する金曜ナイトドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系※一部地域を除く)初回が27日に放送され、山田&菅田が劇中で見せたアクションに注目が集まっている。

“デジタル遺品”扱う異色作

圭司(山田孝之)の姉・舞(麻生久美子)が祐太郎(菅田将暉)を連れてくる

圭司(山田孝之)の姉・舞(麻生久美子)が祐太郎(菅田将暉)を連れてくる

※画像は「山田菅田 dele」Instagram( yamadasuda )のスクリーンショットです

「dele」は、依頼人の“デジタル遺品”を抹消する仕事を請け負う車椅子のフリープログラマー・坂上圭司(山田)と人懐っこい“なんでも屋”・真柴祐太郎(菅田)が、依頼人の死にまつわるさまざまな問題に巻き込まれるという異色作。27日放送の第1話では、圭司と祐太郎の出会いと、2人がバディを組んで初めて遭遇した事件が描かれた。(以下、ネタバレが含まれます)

依頼人は、ゴシップ記者・安岡春雄(本多章一)。安岡のPC・スマホが一定期間まったく操作されなかったため、祐太郎は安岡の死亡確認作業を開始。住所をつきとめ自宅へ向かうと、そこには安岡の転落遺体があった。

安岡が自殺したとは思えない祐太郎は、圭司を説得して安岡の“デジタル遺品”の中身を確認。スケジュールアプリの情報を頼りに、2人は安岡がある組織の驚くべきスキャンダルを追っていたことを突き止めて――というストーリー。

視聴者を驚かせたのは、ドラマ随所にちりばめられた山田&菅田のアクションシーンだ。

山田&菅田のアクションにネットどよめく (2/3)

キーワード