AKB48・山田菜々美は映画初主演もホラーは苦手!? 百川晴香は新境地へ<「黒看」対談・前編>

2018/08/03 07:05 配信

二人は共演前から互いの存在は知っていたという

二人は共演前から互いの存在は知っていたという

休憩中に聞いた「映画初主演」

――今作への出演決定を聞いた時の心境は?

山田:私はラジオ収録の休憩中に、スタッフさんから急に呼び出されました。「映画出演するよ」って聞いて驚いたんですけど、主演ということは最後に知らされたんですよ。お話の最後に「あ、主演だから」って軽く言われて(笑)。「お、おぉ…」って思ってビックリしましたし、緊張と「私にできるかなぁ?」という不安が一気にきました。

演技は「AKBラブナイト 恋工場」(2016年、テレ朝動画)というドラマに一話だけ出演させていただいたんですけど、それからはなかったので。なので、ほとんど初めてに近いですね。

それが主演なので、すごくプレッシャーがありますし、演技のこともまだまだわからない状態だったので、映画やドラマなど人が演じているものを見て、コツコツとお勉強させていだきました。

――初主演決定を最初に伝えたのは?

山田:やっぱり親ですね。電話をして、最初は信じてもらえなかったんですよ。でも、こういう資料もできているんだよって見せると「おぉ!」ってなって。関西人なのでそういうノリもあるんですけど、無事に信じて喜んでもらえたので良かったです。

――百川さんはこれまでに多くの作品に出演されていますね。

百川:でも、ホラーは初めてなんです。どちらかというと明るい作品に出させていただいて、めっちゃはっちゃける役が多かったですね。

でも、今回は逆で、しかも「演技力が必要な役だから」って聞かされて。そこは求められたことがなかったので(笑)、最初は「どうしよう…」って不安でした。だけど、とにかくやるしかないので、良い作品になるように頑張ろうって臨みましたね。

元々ホラーは嫌いじゃなかったので、ホラー作品をいくつか見て勉強をしました。

――確かに黒のイメージはないし、普段の百川さんとは全然違う雰囲気の役ですね。

百川:私は声が低いのが結構コンプレックスだったんですよ。でも、山田監督にお会いした時に「そのままでいいから」って言っていただいたんですね。そういう部分で新しい自分をちょっと出せるかなって思えたし、うれしかったですね。

映画初主演について悩んだこと、苦労したことを明かした山田菜々美

映画初主演について悩んだこと、苦労したことを明かした山田菜々美

――山田さんはホラー作品を見ることは?

山田:ホラーは、あ、う~ん、えっと…得意ではないんですけど(苦笑)。

百川:ふふふ(笑)。

山田:でも、今まではなるべく避けてきたんですけど、ホラー作品で主演をさせていただくと聞いてから、頑張って一つだけ見ました。

――AKB48の先輩は多数のホラー作品で主演を務めています。

山田:元々AKB48が大好きで、前田敦子さんが大好きだったんです。映画「クロユリ団地」(2013年)が公開されるとなった時に、「前田さんが主演の映画だから絶対に見よう!」って思ったんですけど、怖くて映画館にも行けず、まだ見ることができていないんです。でも、ちょっとずつ見られるようにはなってきたので、今ごろですけど挑戦してみようと思います(笑)。

山田菜々美が撮影で一番苦労したこと (3/3)


映画「黒看」
8月4日(土)渋谷ユーロスペース他、順次公開予定
出演=山田菜々美(AKB48)
   百川晴香、佐伯香織、若松優、河合美咲
   馬場・場番/広瀬真寿美/伊達さん
主題歌=「マスカレイド」新田恵海(BUSHIROAD MUSIC)
原作=黒木あるじ「黒看」(「怪談実話 傑作選“弔”」竹書房刊)
監督=山田雅史
脚本=辻野正樹、山田雅史
公式サイト=http://kiguu-cinema.mods.jp/kurokan/
(C)2018黒木あるじ/『黒看』製作委員会

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆




ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物