木村拓哉、初のネット番組初回は “深爪”“納豆”と木村のこだわりがさく裂!

2018/08/05 12:05 配信

芸能一般

8月5日にスタートした木村拓哉初のネット番組「木村さ~~ん!」。TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO」収録後の木村がいるブースにディレクターが現れるところから番組はスタート。

初回となるこの日の企画は「ラジオで言っていた“アレ”をお見せします」と称して、木村がかつてラジオで話していたことや、していたことを1個1個見せていこうというもの。

まず一つ目は、お正月になったら毎年番組でやっていた「おめ言葉」を見せることに。

「おめ言葉」とは、新年1回目の放送で木村拓哉がその年の抱負や目標を書き初め形式で書くラジオの恒例企画だ。実際にスタジオで書いていたが、「リスナーの中には書いてないんじゃないか、と思っている人がいるかもしれない」とディレクターが木村に伝えると、「そんなに性格の悪い人はいないと思うよ」と木村。

今回は新たな船、“Flow”が無事出発したということで、“おめでとう木村拓哉 Flow”=“おめ言葉”を書いてくださいと頼まれる。習い事で使うようなお習字セットを見た木村は、「めちゃくちゃなつかしいじゃん!」とややテンションが上がるも、墨をするところから始める、と分かると「早速いやになってきたな…」と元気をなくす。

「だっていつも筆ペンじゃん。何で今日これなんですか?筆ペンでいいじゃん。いつもやっているあの形を全てお見せします、だったら筆ペンでいいでしょ」と訴えると「まぁ、確かに…」とディレクター。それにはすかざす「納得してんじゃねぇよ(笑)」と木村はツッコみを。

「これ無料動画用にやらされちゃってるんですよ」と墨をすりながらも、なお不納得な木村たが、それでも真面目に墨をすり、いざ色紙にFlowに対する“おめ言葉”を達筆な字で書き上げる。その言葉の理由を「ゲストも迎えられるし、方向性とか目的地っていうものを、今はまだ始まったばかりだから、そこまでガッチガチに固めなくていいんじゃないかなって」と明かした。そんな思いが込められた木村の直筆“おめ言葉”、ぜひ配信をチェックしてほしい。

木村拓哉がこだわる“深爪”とは (2/3)

「木村さ~~ん!」毎週日曜昼12:00から配信スタート
木村さ~~ん! #1「拓哉キャプテンがラジオで言っていた“アレ”をお見せします。」
番組視聴ページ:
https://gyao.yahoo.co.jp/player/09247/v00002/v0000000000000000015/

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース