<半分、青い。>「さすが鈴愛のこと分かってる(笑)!」律ら“梟会”のツッコミに称賛!!

2018/08/13 06:00 配信

ドラマ

ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の七転び八起きを描いている連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。第19週「泣きたい!」(8月6日~11日放送)で、鈴愛はシングルマザーとなって生まれ故郷の岐阜県梟町に“出戻り”。鈴愛が漫画家を夢見て上京した第6週以降、節目ごとに登場するだけだった梟町の人々が再び顔をそろえ、ストーリーを動かし始めた。

なかでも鈴愛の幼なじみ、律(佐藤健)とブッチャーこと龍之介(矢本悠馬)、菜生(奈緒)の“梟会”3人から鈴愛へ向けられた“愛あるツッコミ”が冴えわたっている。(以下、ネタバレが含まれます)

菜生、鈴愛に「相変わらずやなぁ」

梟町に帰ってきた鈴愛をまず、パンチの効いたツッコミで迎えたのが菜生だ。第109回(8月6日放送)では、親に何の相談もなくいきなり帰ってきた鈴愛の行動を「チャレンジャーやなぁと思っとった」と面白がり、律も離婚したか?と早合点した鈴愛に「相変わらずやなぁ鈴愛ちゃん。すべての解釈が自分の都合のいい方へ、いい方へと」としみじみつぶやいた。

いまや菜生の夫・ブッチャーも負けていない。喫茶ともしびで一人コーヒーを飲む鈴愛を見つけ、「家に居場所ないか?出戻りはきついなー(笑)!あれ、調子狂うわ。コーヒーぶちまけられるかと思って構えたわ」と皮肉った。ちなみに、鈴愛は実際に第95回で、泥酔して帰った夫・涼次(間宮祥太朗)にバケツで水をぶちまけている。さすがブッチャー、そんな鈴愛の気性をよく理解している。

ブッチャーはまた、出戻り後の身の振り方について「適当につくし食堂を手伝えばいいと思っとった」と語る鈴愛に、「お前は(笑)。ホント小さい頃から変わらんな」と苦笑い。ここにも幼なじみならではの気安さがにじむ。その一方で、自分の経営する西園寺不動産で「雇ってやらんこともない」と助け船を出すなど、ブッチャーなりの鈴愛への心配りも見て取れる。

律曰く、鈴愛は“瞬間湯沸かし器”!? (2/3)

連続テレビ小説「半分、青い。」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

◆連続テレビ小説「半分、青い。」のニュース記事まとめはコチラ!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース