東京セレソンデラックス10周年記念舞台「くちづけ」に豪華キャストが集結!

2010/07/14 13:32 配信

主題歌はアン・ルイスの名曲「グッド・バイ・マイ・ラブ」を5人組音楽隊「のあのわ」がカバー

主題歌はアン・ルイスの名曲「グッド・バイ・マイ・ラブ」を5人組音楽隊「のあのわ」がカバー

東京セレソンデラックス10周年記念舞台「くちづけ」に豪華キャストが集結!

7月7日、新宿シアターサンモールで、劇団・東京セレソンデラックス主宰の宅間孝行、金田明夫、加藤貴子、(真中瞳改め)東風万智子、石井愃一、藤吉久美子が登場し、10周年記念舞台「くちづけ」の公開リハーサルを行った。

東京セレソンデラックスは、ドラマ「花より男子」、「歌姫」などの脚本家、演出家の宅間孝行が主宰する演劇集団で、宅間は「タイガー&ドラゴン」、NHK連続テレビ小説「つばさ」などに出演する一方、脚本・演出家としても活躍中。「涙と笑いのウィルメイドプレイ」を身上に、笑って笑って最後にホロッとくる芝居を目指している。

本作「くちづけ」は3年ぶりの新作。新聞に掲載された小さな記事から誕生した、知能障害のうーやんとマコの淡い恋心と2人の周りの人物の様々な問題を描いた、本当にあった話がベースとなる「優しくも切ない物語」になっている。

今回“セレソン”初参加の加藤は、きょうまで稽古してきた感想を、「演出家の宅間さんにセリフはガイドとして。舞台上でセリフを変えてもいいから生で、舞台上で生きてくれと稽古場でいつも話していたので、(役の)人物になってこの場で生きるということを目標に稽古してきました。そういう稽古は初めてで勉強になりました。」とコメント。東風は、「台本を読んだ時と私は少し違う役作りだったので、普段から男っぽく生きるようにという宅間さんからアドバイスを頂きそれからまずは(役に)入りました」と普段の生活から役作りに励んでいた事を語った。また藤吉は、「本当に稽古場が楽しくて、自分の所だけでなく全員で1つの物を作り上げていくという感じで演じる事が毎日楽しかったです」とコメントした。

一方、宅間について聞かれると、加藤は「常に挑んでる方ですね。時として怖いと感じる時もありますが、挑んでる姿がとても魅力的で、その挑んでる場所に一緒に突き進みたいと思える方。役者としても演出家としてもとても魅力的ですね。」と宅間への尊敬の気持ちを語った。また東風は「稽古場であんなに厳しかった顔が、うーやんを演じている時は可愛くなる」と微笑むと、加藤が「でも実際に立って見ると(背が)大きいよね」と役とのギャップを暴露すると出演者一同笑いに包まれた。

舞台「くちづけ」は新宿・シアターサンモールで7月7日〜8月1日まで上演。その後、大阪、名古屋、札幌で巡演予定。

東京セレソンデラックス公式ホームページ
http://www.ts-dx.com/

関連ニュース

画像で見るニュース