“理想の夫婦”名取裕子&宅麻伸、最新作では“夫婦の協力”に注目!

2018/08/11 06:00 配信

ドラマ

8月12日(日)夜9時から名取裕子主演「ドラマスペシャル 法医学教室の事件ファイル」を放送

8月12日(日)夜9時から名取裕子主演「ドラマスペシャル 法医学教室の事件ファイル」を放送

8月12日(日)に名取裕子主演「ドラマスペシャル 法医学教室の事件ファイル」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)が放送される。

同作は、名取演じる法医学を駆使して事件捜査に当たる法医学者・二宮早紀と、その夫であり神奈川県警横浜東警察署の警部・二宮一馬(宅麻伸)の活躍を描くシリーズ第44弾。

26年に渡ってヒロイン・二宮早紀を演じ続けてきた名取は、最新作の見どころについて「今回私がやりたかったのは、昔に戻って、夫婦2人で協力して事件を解決すること! このシリーズが始まった当初は、忙しい仕事を抱えながらも早紀は“旦那さま”のことを考えて着替えを届けたり、大好物のエビフライを入れたお弁当を差し入れしたりしながら、2人で現場を再現したり捜査についてやり取りして事件の謎を解く、ということをやっていたんです」と夫・一馬との“夫婦の絆”を懐かしむ。

「いつしかそういう場面が少なくなっていたのですが、今回は初心に戻ってお弁当を届けたり、2人で事件について考えて行動したり…ということに取り組みました」と撮影の様子を語った。

「あの二人はホント、理想の夫婦です!」「結婚したらこんな夫婦になりたい!!」とインターネット上でも早紀と一馬の夫婦に憧れるファンの声も多く、名取からは「視聴者の方々は夫婦のふれあいや協力、そして家庭でのコミカルな部分も楽しんでくださっていると思います。この作品をご覧になった方が、“家族も仕事も大事にしていこう”“夫婦で仲良く協力するのもよいものだな”と思っていただけたらうれしいですね」と、視聴者にメッセージも。

また、今回「京都地検の女」(テレビ朝日系)で名取と共演してきた益岡徹がゲスト出演することに関して「気持ちが入りやすかったですね」と言う。

「横浜東署の新署長役で、高岡早紀さんも出演してくださっています! また、早紀の研究室のメンバーも新たに若返りました。まだ撮影に慣れず、右往左往したところもあったのですが、これからもっともっと活躍してもらって、永岡くん(本村健太郎)に続く、“実験君2”も登場してもらわないとね(笑)」と研究室に吹く“新風”も期待した。

最後に、シリーズの今後の進化について「時代と共に街が変わっていくように、このシリーズは視聴者の皆さんと一緒に歳を重ね、同じような悩みに直面しながら進んでいきたいなと思っています。

今回は宅ちゃん(宅麻伸)がロマンスグレーの髪になって登場しますし、15歳から息子の愛介役を演じている佐野和真君もすっかり大人っぽくセクシーになっちゃいました(笑)。

そういう意味ではドラマも歴史を重ねて、“熟年”に向かってきたのかな、と…。だから、いつか一馬が定年を迎えたり、早紀に孫が生まれておばあちゃんになったりしてもよいのではないかなと思うんです。姑・早紀が孫を挟んでお嫁さんとバトルする…なんていうのも、面白そうですよね(笑)」とシリーズのパワーアップを誓った。

気になるあらすじをチェック! (2/2)

「ドラマスペシャル 法医学教室の事件ファイル」
8月12日(日)夜9:00-11:05
テレビ朝日系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!