主演男優賞は田中圭! 続編の鍵は貴島Pのゴーサインと『好きになった気持ちのその先』【ドラマアカデミー賞】

2018/08/09 07:00 配信

ドラマ

田中圭が第97回ドラマアカデミー賞で主演男優賞に輝く!

田中圭が第97回ドラマアカデミー賞で主演男優賞に輝く!

「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で主人公・春田創一を演じた田中圭が、2018年春クールのドラマを対象にした「週刊ザテレビジョン 第97回ドラマアカデミー賞」で主演男優賞を受賞した。

突然、上司と後輩から告白され、戸惑いながらも次第に2人の思いに向き合っていく姿に「巻き込まれキャラをやらせたら天下一」「優柔不断で頼りないダメ男を愛らしく演じていた」と“ハマり役”との声が多数。そんな田中に、本作の反響や待望されている続編について聞いた。

――「おっさんずラブ」で初めて最優秀主演男優賞を受賞されました。感想をお聞かせください。

素直にすごくうれしいですし、「これからもっともっと頑張らないといけないな」と背筋が伸びる思いです。純粋に、春田創一というオリジナルのキャラクターを僕にやらせてくれた制作チームに感謝しています。僕の受賞はもちろんうれしいけれど、作品賞を「おっさんずラブ」が獲ったということがなにより一番。「このドラマがだめだったらオレは何をやっても獲れないな」と思っていたところも正直あるので、素直に良かったという気持ち。チームのみんなには「みんなお疲れ。ありがとう」と言いたいです。

――2016年に同名の単発版が放送され、その好評を受けての連続ドラマ化。田中さんは連ドラ化に当たって脚本にリクエストをしたり、共演者とコミュニケーションをはかったりして、積極的に動かれたそうですね。

単発ドラマありきとはいえ、単発と連ドラでは全く別の作品として捉えています。でも、単発がないと、今回の連ドラは絶対にありえなかったから、説明が難しい(笑)。僕としては民放キー局(全国ネット)の連ドラで主演するのは初めてだったし、悔いのないようにやりたかった。僕自身、ドラマがすごく好きなので、この作品を通してオリジナルの面白さや芝居が本来持っている力を伝えたいという気持ちでした。単発版に引き続き演出をしてくれた瑠東(東一郎)監督ともクランクイン前から、「4月はぶちかましてやりましょうね」と話していましたし、僕自身、「おっさんずラブ」のために、他の出演のオファーを断ったくらい、この作品に賭けていました。

――いざ連続ドラマがスタートし、第1話の視聴率が期待ほど高くはなかったときも、田中さんはブレなかったそうですね。

僕自身、視聴率にはあまりこだわってやっていないので。「おっさんずラブ」は第1話を見て面白かったし、「これは絶対に化ける」と思えたので、何の不安もなかったです。普段あまり感想を言ってくれないような友達や先輩が急に電話してきて「面白い!」と言ってくれて、僕が信頼していつも意見を聞いている人たちも「めちゃくちゃ面白いじゃん」って言ってくれたので、「(視聴率が低いことで)どんなに叩かれてもいいや。やりたいようにやろう」と心に決めましたね。そして、回を重ねるごとに、放送を見てくれる人が増えていったのがうれしかったです。

衝撃の第6話…「あの1週間はすごく面白かった」 (2/3)

↓↓ドラマアカデミー賞 特設ページはこちら!↓↓

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース