SKE48 6期生が自分たち“だけ”の念願ステージを終演直後に振り返り!

2018/08/09 06:05 配信

芸能一般

「SKE48 いきなり6期生 ゼロポジライブ」を終えたばかりのSKE48 6期生にライブの感想等を聞いた

「SKE48 いきなり6期生 ゼロポジライブ」を終えたばかりのSKE48 6期生にライブの感想等を聞いた

8月8日に、東京・赤坂サカスでSKE48の6期生によるライブイベント「SKE48 いきなり6期生 ゼロポジライブ」が開催。台風13号が近付く中で開催が危ぶまれたが、9人の6期生は雨にも負けず、「いきなりパンチライン」や「夕立の前」など9曲を披露した。

終演後には合同インタビューが行われ、9人が終えたばかりのライブを振り返った。

――まず、ライブを終えた今の気持ちを聞かせていただけますか?

北野瑠華:誰が答えましょうか?

――6期生の中だと仕切る役割は誰になるんですかね?

北野:おしちゃん(青木詩織)かな?

青木:私?

日高優月:まぁ年齢的にね。

――では青木さん、いかがでしたでしょうか?

青木:ライブをやりたいという気持ちはもちろんあったんですけど、雨だったので、どれくらいファンの方が来てくれるのかなっていう心配はありました。でも、いざ会場に行ってみたらたくさんの方が待っていてくれて。

声援を送ったり、ペンライトを振ったりしてくれて、最後には「オキドキ」でファンの方と大合唱もして、とってもいい思い出を作れたかなって思いますし、6期生に勢いをつけるいいきっかけになったと思います。

――その大合唱をした「オキドキ」は、セットリストには入っていないような雰囲気で始めましたが、本当にあの場で決めたんですか?

青木:あれは本当にそういう流れだとは決まっていなかったんです。私だけやるかやらないかって話があるのは知っていたんですけど、みんなの対応力がすごくて。プチドッキリみたいでしたね。

日高:そうだったの?

井田玲音名:勝手に言い出したかと思った!

北野:「この後何歌うんだっけ?」ってなっちゃった。

井田:元々は、雨でライブが中止になってしまったときのために、マイクを使わなくてもできることを何か1つ考えようということで出た案だったんです。本当におしりん(青木)が勝手に言い出したのかと思った(笑)。

熊崎晴香:それに乗れる6期生いいなって思いましたね。

井田:ファンの方もちゃんと歌ってくれて。

熊崎:本当にありがたかったです(笑)。

日高優月はあの曲で涙 (2/4)

「SKE48 ZERO POSITION~チームスパルタ!能力別アンダーバトル~」
毎週土曜夜11:00-11:30
TBS チャンネル1で放送

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース