柄本時生「刑事もので良かった(笑)」初の“月9”出演に困惑?

2018/08/13 05:00 配信

ドラマ

沢村一樹主演の月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系) に出演する柄本時生にインタビューを実施した。

本作は、上戸彩演じる新米刑事・桜木の成長を描いてきた「絶対零度」シリーズの最新作。沢村演じる元公安のエリート刑事・井沢を新たな主人公に据えて、未来の犯罪を未然に防ぐ“未然犯罪捜査チーム(=ミハン)”の活躍を描いていく。

個性的な面々が集うミハンメンバーの中でも、ひと際存在感を放っているのが、柄本が演じるミハンの表向きの姿“資料課”の生え抜き刑事・南彦太郎。

彼は人付き合いが苦手な反面、パソコンには強く、危険人物の情報収集を行う。緊張感のある展開が続く本作の中でも、愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターで作品の空気を和ませている。

今回、そんな柄本には作品の見どころと共に、彼のプライベートについても聞いた。

――“月9”には初出演ですが、オファーを聞いたときの感想を教えてください。

これまでの月9のイメージで「呼ばれることはないだろうな…」と思っていたんですけど、「そうか! 刑事ものならあるか!」とは思いましたね(笑)。刑事ものと知って「良かったー」と安心しました(笑)。

――そうだったんですね(笑)。実際に撮影をされて、現場の雰囲気はいかがですか?

皆さん大人なので、「やっぱり大人はいいな」って思います(笑)。僕ぐらいの年齢の人が集まると、ぺらぺらとしゃべってしまうので、この現場はいい緊張感があるんです。やらなきゃいけない場面はしっかりやる。そういう雰囲気がいいですね!  “やるところはやる”という皆さんの姿が、格好いいです!

――「絶対零度」の現場と他の現場で違うところはありますか?

差し入れの数がすごいです(笑)。沢村さんと横山(裕)さんがすごい差し入れをしてくださるんですよ。おいしそうなものが現場にいっぱいある!(笑)。

――さすがですね。柄本さんが役を演じる上で、心掛けていることは何でしょうか?

せりふをちゃんと覚えて現場に入ることです。本当にそれくらいです。(現場で)何が起こるか分からないので、とにかく、せりふを言えるようにしておけば、監督さんから指示があっても大丈夫ですからね。あとは、皆さんに迷惑をかけないように!

柄本時生の今後の目標は? (2/2)

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」
毎週月曜夜9:00-9:54
フジテレビ系で放送
出演=沢村一樹、横山裕、本田翼、柄本時生、マギー、田中道子、平田満、伊藤淳史、上戸彩ほか

◆“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」ニュースまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!