宮原華音が男子に挑戦状「本気で倒しに行きます!」【舞台「NINJA ZONE」特集】

2018/08/30 20:01 配信

芸能一般

荒廃した架空の街「華舞綺TOWN(カブキタウン)」で、街を牛耳る悪の組織・徳川組に抗いパフォーマンスで人々に希望を与える“BLASTING GIRLS”=“BG(ビージー)”。彼女たちの正体は、陰で街を守るKUNOICHIだった! 

9月5日から上演となる、坂本浩一が総監督を手がける舞台『NINJA ZONE』で、BGの一員となって徳川組のYAKUZA忍者部隊と戦いを繰り広げるメインヒロイン・如月桜を演じるのは、空手初段という素顔を持ち、映画『阿修羅少女 BLOOD-C異聞』では主演の更衣小夜、『仮面ライダーアマゾンズ』では駆除班に所属する高井望など、強き女性をを演じてきた宮原華音。

彼女はこの舞台でどんなヒロインを演じるのか聞いてみた。

──まずは、宮原さんの演じられる如月桜という役について紹介していただけますか。

とても幸せな家庭に育った女の子で、両親があるきっかけで殺されてしまって復讐のために強くなろうとするんです。そんな彼女がBGのメンバー(春川芽生 巴奎依 小林れい 竹内舞 師富永奈)や周りの人たちとの関わりの中で、復讐だけじゃなく本当の強さというものを教えてもらって心身ともに成長していくというお話になります。

──宮原さんご自身でも空手をやってきたなかで、そういった強さに対する考え方などはお持ちでしょうか。

そうですね……空手は14年目になりますが、始めはとにかく試合に勝つということを考えていたんです(笑)。でも、強い先輩をみていると、やっぱり優しかったり気遣いが出来たりというところから違うんだなと気づいて、そういうことも考えて練習に臨むようになってきましたね。桜の立場と似ているところといえるかもしれません。

──桜の衣装の感想はいかがですか。

セーラー服はけっこう着させてもらってきたんですが、合わせるのがブーツっていうのは変わっていますね。イメージカラーがピンクっていうのも、他のBGのメンバーがみんな可愛いのに、私がピンクで大丈夫かなって(笑)。普段は男性キャストとの殺陣が多くて、役もどんどん男っぽくなっていってるんですけれど、今回は可愛い女の子がたくさんいる中で女子力を吸収して、強カワイイところを見せられるようにがんばります。

──『NINJA ZONE』では、女性が正義の味方で男たちが悪役というグループ分けになっているのもユニークなところですね。

男たちは男たちなりの正義で戦っているんだろうけど(笑)。女子だから男子が手加減しているなんていうふうに見えないように、男女差が見えないようにみんなでがんばっていきたいと思います。

──坂本監督とは、今回の舞台が初めての顔合わせになりますね。

じつは坂本監督とは、5~6年前からお会いはしていて、もちろん作品は知っていたんですけれど、一緒にお仕事するのは初めてになりますね。周りの女の子が監督の作品に出ているのをみて、私も「出たい!出たい!」とずっと思っていたんですよ。

──宮原さん的にも待望だったんですね。先ほどは、スチール撮影のためのアクションポーズなども坂本監督が付けられていましたが、いかがでしたか。

もう、ポージングのためにささっと動いてくれただけでも、めちゃめちゃカッコよくて! 真似するとちょっとの違いでもカッコよくなるし、目線や足の向きひとつでも女の子の強さが表現できるんだなって。私のクセもすぐに把握して直してくれたりして、「スゴイなー」って感動しました。

──劇中では、メインヒロインということで他のキャラクターとの絡みも特に多くなりそうです。なかでも両親の仇になる半蔵役の勝也さんについてはいかがでしょうか?

勝也さんとは『仮面ライダーアマゾンズ』でもずっと一緒だったので、すごく仲良しなんですよ。駆除班として同じチームだったのに今度は敵役というのが変な感じがしますけど、本気で倒しに行きたいと思います(笑)。

──では最後に、今回の舞台への意気込みなどをお願いします。

ニンジャっていうのは日本人は誰でも判るし、海外でも盛り上がっている、改めてニンジャって面白いなと思ってもらえたら嬉しいです。キャストの顔合わせをした時に、皆さんすごく明るくて、『NINJA ZONE』を盛り上げようっていう気持ちの強い方たちが集まってくれたという感じを受けました。自分が引っ張っていきたいっていう気持ちもありますけれど、そういうみんなで盛り上げていきたいですね。一回観に来た人がリピートしてくれるような、心に残るものがある作品にしたいと思っています。

舞台『NINJA ZONE 〜RISE OF THE KUNOICHI WARRIOR〜』
開催:2018年9月5日(水)~9日(日)全9公演
劇場:東京・六行会ホール

【チケット絶賛発売中!】(購入サイトにジャンプします)
■カルテット・オンライン(当日精算)
■カンフェティ(当日引換券) ■アニメイト
■ライブポケット(簡単携帯決済)

★リピート特典登場!★
2回特典…ご希望キャストの非売品L判ブロマイド1枚
5回特典…ご希望キャストの非売品L判ブロマイド1枚に直筆サイン
7回特典…全キャストサイン入り公演パンフレット
全通特典…舞台上での全キャストとの集合写真

出演:宮原華音 ・ 原嶋元久 磯野大 佐藤友咲 坂本康太 朝日奈寛 春川芽生 巴奎依(A応P) 小林れい(夢みるアドレセンス) 竹内舞(グルービー) ・ 勝也 ・ 青木一馬(TOKYO流星群)・ 桝田幸希 ・ 斉藤範子(シアトル劇団子) 高橋明日香 大島翠 大山将司 キャッチャー中澤 高草木淳一 榎本遥菜 師富永奈 坪井ミサト ・ 俊藤光利 ・ 八神蓮

原案・総監督:坂本浩一
脚本・演出:石山英憲(シアトル劇団子)
【公式ホームページ】 http://www.tambourine.co.jp/stage/nz/

◆舞台「NINJA ZONE」特集ページはこちら!↓↓◆

関連人物

画像で見るニュース