駿河太郎、初共演の壇蜜に「掘れば掘るほど変わってる」

2018/08/10 19:00 配信

ドラマ

8月11日(土)に放送されるドラマ「ドラマ×マンガ『戦争めし』」(夜10:30-11:30、NHK BSプレミアム)。

同作は主人公のモデル・魚乃目三太の漫画作品「戦争めし」(秋田書店)を随所に織り交ぜながら進行する新感覚のオリジナルドラマで、取材を通して戦争の真実を知っていく翔平(駿河太郎)の姿を描く。

今回、主人公で漫画家の翔平を演じる駿河太郎と翔平の担当編集者・奈緒を演じる壇蜜にインタビューを敢行。作品への思いや撮影中のエピソードなどを聞いた。

誰も見たことないドラマになるだろうな

──撮影を振り返って、いかがでしたか?

駿河:まだ完成した映像を見てはいないのですが、“漫画と実写の融合”を初めて目の当たりにして、「こういう風に仕上がるんだ!」と。とても斬新だなと思いました。そして題材が戦争ではありますが、非常に分かりやすく見やすい作品になったなというのが率直な感想です。

また、僕は今40歳なのですが、この年代が戦争というものをおじいちゃんたちから直接聞ける世代だと思っていて…。だからこそ、戦争について伝えていくことができるという意味で、主演をさせていただけることに非常に感謝しています。

壇蜜:「戦争めし」というのは漫画のタイトルで、この作品はその漫画ができるまでといういわゆるエピソード0的なお話になっています。

終わったあとに「漫画読みたくなったな」って思っていただけて、戦争について繰り返し思う、そんな時間を過ごして頂けたら大成功かなと思っています。ドラマから始まる戦争に関する興味、関心を持つことのきっかけになればいいなと。

そして今回すごく真っすぐな主人公に対して、クールな編集者をさせていただきました。漫画に対してひたむきで、戦争のことを知ろうとするっていうすごく情熱的な主人公を時に優しく時に厳しく見守る役ができてとても光栄でした。

最近は旦那に逃げられたとか、彼氏がどっかいっちゃったみたいな役が多かったのですが、今回は珍しくピュアな独身女性役だったので、新鮮な気持ちで臨みました。

──戦争がテーマになっていますが、台本を読んでの印象や感じたことを教えてください。

壇蜜:とりあえず読み返してラブシーンの有無を確認して…。ないなと(笑)。あ、真面目なものだ、と安堵しました。いや、あってもなくてもいいんですけどね(笑)。

戦争について描いたドラマなので、奈緒が劇中でも言っていたようにしんみりし過ぎてもだめだし、でも明るくなりすぎても伝わらないし…。とても微妙なラインを攻めていかなきゃいけない作品だと思いました。

学生のときに戦争に関する本の読書感想文を書く時も、何について書いたらいいのか知らないし、その書物や物語だけでなにか言えることあるのかなっていつも思っていたんですね。

だから経験をしていない人が未知の世界を表現するのは非常に難しいなと、責任を感じました。

あとは漫画が好きなので、編集の仕事や漫画家さんが作品を作っていく過程に興味があって…。興味から役を作っていければと思いました。

駿河:台本を読んだ時に漫画の部分と実写の部分がどう交じり合うんやろ?って。多分誰も見たことないドラマになるだろうな、面白そうだなと思いました。

あとは僕ら世代が伝えていくことはできないですけど、戦争というものの記憶を残していくきっかけとなる作品になればいいなと。戦争について知る入り口になる作品になればいいなと思ったのが一番はじめの感想ですかね。

そして壇蜜さんとのラブシーンがないっていうのは、ちょっと残念やった(笑)。

壇蜜:万が一のこともありますからね!

駿河:まあこの台本でこの二人がどうこうなるっていうのは情報が多すぎるんで! いらんとはもちろん思ったけど(笑)。

面白い台本だなというのと、それに主演させていただけるというのは非常にありがたいことだなと思いました。

駿河が壇蜜の変わった一面を暴露! (2/3)

BSプレミアム 終戦特集「ドラマ×マンガ『戦争めし』」
8月11日(土)夜10:30-11:30
NHK BSプレミアムにて放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!