北川景子×野木亜紀子“超強力タッグ”実現!オリジナル脚本で「フェイクニュース」との戦い描く

2018/08/14 15:45 配信

NHK総合で放送されるドラマ「フェイクニュース」で北川景子と野木亜紀子がタッグ!

NHK総合で、野木亜紀子オリジナル脚本の北川景子主演ドラマ「フェイクニュース」(10月20日[土]、27日[土]夜9:00‐9:50)の放送が決定した。北川はNHKドラマ初主演、野木はNHKドラマ初執筆となる。

本作では、中年男性がSNSに投稿した嘘か本当か分からないつぶやきをきっかけに、“フェイクニュース”が飛び交い、思わぬ方向へと事態が拡大していく中で、ネットメディアの女性記者・東雲樹(北川)が事実を追い求め、孤軍奮闘する姿を描く。

真実を追い求める記者を演じる北川は「何が真実で何が嘘なのか、溢れる情報を取捨選択する力、何を信じるべきなのか判断する力が、現代を生きる私たちには必要だと感じます。今回のドラマでは、真実をあぶり出すことをテーマに熱く演じたいと思います」と熱く意気込みを語る。

そして、「真実と嘘、人は何を信じるのか、そんな普遍的なテーマを野木さんがエンターテイメント性あふれる脚本で書いてくださっています。野木さんとも初めてご一緒させていただきうれしく思います」と野木の描く世界観に期待の声を寄せた。

共演は光石研永山絢斗矢本悠馬新井浩文岩松了杉本哲太ら。

世界中で話題のフェイクニュースを切り口に、「真実と嘘」「分断」「人は何を信じるのか」という普遍的なテーマを取り上げた本作。嘘が溢れ、誰もが何を信じていいか分からない時代にどう立ち向かっていくのか、規範を失ってしまった現代社会に警鐘を鳴らす社会派エンターテインメントドラマとなりそうだ。