財前直見、岡田浩暉、松井玲奈らで「日本航空123便墜落事故」ドキュメンタリードラマ化

2018/08/16 07:00 配信

「シンソウ!坂上」SP放送で「日本航空123便墜落事故」ドキュメンタリードラマを放送

「シンソウ!坂上」SP放送で「日本航空123便墜落事故」ドキュメンタリードラマを放送

8月16日(木)の「直撃!シンソウ坂上 2時間SP ~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~」(夜7:57-9:54、フジテレビ系)では、1985年に発生した「日本航空123便墜落事故」を取り上げる。

1985年8月12日に乗客と乗員524名中520名の命が失われた当事故。この番組では、4組の遺族に焦点を当て、遺族らがどのように悲しみと向き合い、何を支えに生き抜いてきたのかを独自に取材。"事故から33年目の真相"を、ドキュメンタリードラマで丹念に描く。

今回取材を行ったのは、8月12日に急きょ東京へ行くことになり日本航空123便に搭乗した谷口正勝さんの遺族と、夏休みに"つくば科学万博"や"東京ディズニーランド"へ出かけた帰り、3人の娘が事故に遭った田淵家。

そして、急きょ大阪での仕事が入り、満席のため空席を待った後、席が空いたため日本航空123便に搭乗した村上良平さんの遺族と、当時9歳の息子・健くんを甲子園の高校野球観戦のために一人旅へと送り出した美谷島家の計4家族に話を聞く。

ドキュメンタリードラマでは、事故以前の暮らしぶりと事故当日の様子、事故から33年を経た現在に至るまでを、実力派俳優らが丁寧に再現する。

岡田浩暉財前直見は、急きょ東京へ行くことになった谷口正勝さんとその妻役を。また、鶴見辰吾富田靖子は3人の娘を失った田淵夫妻役を演じる他、迫田孝也遊井亮子が、空席待ちの後に搭乗した村上良平さんとその妻を熱演。さらに、その娘を谷花音、成人後は松井玲奈がそれぞれ演じる。

また、MCの坂上忍は、墜落現場となった御巣鷹の尾根へ。9歳の息子・健くんを亡くした美谷島邦子さんと合流し、事故の爪痕が残る現場や、御巣鷹に建立された慰霊碑「昇魂之碑」などを訪ねる。

坂上は、現場で美谷島さんにインタビュー。事故後の1985年12月に遺族らで結成された「8.12連絡会」の事務局長を務める美谷島さんに、会を立ち上げた経緯や名称に隠された秘話、会の現況などを聞いていく。

「直撃!シンソウ坂上 2時間SP ~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~」
8月16日木曜夜7:57-9:54
フジテレビ系で放送

関連番組

関連人物