“親子の絆(きずな)”をテーマにした日韓共同制作ドラマ3作品を、テレビ朝日系の日曜ナイトドラマ枠で放送!

2010/07/23 13:54 配信

芸能一般

中園ミホ脚本、チャ・インピョら出演の「石ころの夢」

中園ミホ脚本、チャ・インピョら出演の「石ころの夢」

テレビ朝日系で4月から放送がスタートした「日曜ナイトドラマ」枠で、日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ」から、“親子の絆(きずな)”をテーマにした3作品が放送されることが分かった。

「テレシネマ」とは、'07年に上海で行われた第2回東アジア脚本家カンファレンスに参加した日本放送作家協会員が発案したもの。北川悦吏子氏ら日本の人気脚本家たちが書き下ろしたオリジナル脚本を、韓国の人気監督、俳優たちが映像化、国境を超えて同じ感動を共有できるような作品作りを目指すというプロジェクト。全7作品が制作され、韓国、日本で劇場公開された。

8月8日(日)、15日(日)は、脚本を岡田惠和氏が、監督をイ・ジャンス氏が務めた「楽園」を放送。刑務所から出所した女性・ミギョン(キム・ハヌル)がふと目にとめたチラシに書かれた“最後の楽園 ハナ島リゾート”へ向かい、島での暮らしを通して、自分自身と向き合う姿を描く。

22日(日)、29日(日)は、中園ミホ氏が脚本を、チャン・ヨンウ氏が監督による「石ころの夢」を放送。ナイトクラブで司会として働く三流芸人・サンヒョン(チャ・インピョ)が、サッカー選手を夢見る少年と共に、少年の母親を捜す旅へ出掛ける。

9月5日(日)、12日(日)は、横田理恵氏が脚本を手掛け、キム・ユンチョル氏が監督を務めた「結婚式の後で」を放送。大学時代にバンド仲間だったジホン(シン・ソンウ)とユリ(イェ・ジウォン)の結婚式が無事に終わり、当時のメンバー男女4人で休暇を過ごすことに。そこへ、父親を捜しているという15歳の少女・ミレ(コ・アソン)が現れる。

なお、10月からはCSのテレ朝チャンネルで、上記の3作品に「天国への郵便配達人」「トライアングル」「顔と心と恋の関係」「19」の4作品を含む「テレシネマ7」全7作品が順次放送スタートすることが決定している。

日韓共同ドラマ テレシネマ
「楽園」「石ころの夢」「結婚式の後で」
8月8日(日)スタート
毎週日曜夜11:00-11:55 テレビ朝日系で放送
※8月8日(日)、15日(日)は、夜11:30-0:25

「テレシネマ7」
10月スタート 放送日、時間未定
CS テレ朝チャンネルで放送