A応P・巴奎依がKUNOICHIに! 刀さばきはできて、でんぐり返しができず「場が凍った…」【舞台「NINJA ZONE」特集】

2018/08/30 20:43 配信

芸能一般

2018年9月5日から東京・品川で上演される舞台『NINJA ZONE』は、映画監督、プロデューサー、スタントマンとしてワールドワイドに活躍する坂本浩一が長い海外経験を元に構築する“外国人が見たい日本アクション演劇”。忍者、サムライ、アクション、殺陣、ダンス、アイドルなど、さまざまな要素をスピード感たっぷりにお届けする。

舞台は、過去でも未来でもない架空の街「華舞綺TOWN(カブキタウン)」。犯罪者たちが棲みつき、治安という概念が崩壊した街を仕切るのは2代目秀忠率いる強大な悪の組織「徳川組」。その徳川組の支配に抗うのが、パフォーマンスグループ“BLASTING GIRLS”=“BG(ビージー)”として人々に希望を与えながら、陰でKUNOICHIとして戦う美女たちだ。

そのメンバーの中でも異色のキャラとなる、純を演じるのが、アイドルユニットA応Pのメンバーとして活動中の巴奎依。3歳から8年間クラシックバレエを続け、アニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんR』では主演を務めるなど、多彩な活躍をみせている彼女に、初めてのアクション舞台へ挑む気持ちを聞いた。

──巴さんの演じられる純はBGのキュート担当ということで、キャラクターに対するイメージなど聞かせていただけますか。

オリジナル作品ということで、普段の巴奎依自身のキャラクターに近い感じで役を作っていただけています。ちょっと本人と違うなというところでは、純には「おじさんキラー」というのが足されているんですけれど(笑)。KUNOICHIっていうのはアニメっぽいし、衣装もイメージカラーの白色でコスプレっぽい可愛らしさを追求していただけたようで、憧れていたアニメキャラっぽくて演じるのがすごく楽しいです。

──衣装もA応Pの活動ではあまりないタイプですね。

A応Pではカッコいい衣装が多いので、ぜんぜん違いますね。こういう黒ベースの衣装も、オフショルダーというのもないですし。ダンスとお芝居をするのとでは、衣装の作りも違うんだなあと感じました。

──今回の舞台ではKUNOICHIということでアクションもありますが、いかがですか?

殺陣のお稽古といいますか、実力を見るという感じの練習があったんです。私、ダンスもやっているしなんだかんだ言って「意外とやれるんじゃないか?」と自分を買いかぶって行ってしまったんです。ところが、最初に教えてもらった受け身のでんぐり返しが私だけできなくて! 場が凍ったというか……。自分でもショックでした。でも、でんぐり返しができなかっただけで、刀さばきの練習でターンしながら相手を斬るなんていうのはできたのでよかったです。

──巴さんは長年バレエのご経験も積んできたということで、そこは活かされたんですね。キャラクター設定にも、バレエの動きが盛り込まれているようですね。

そうなんです。はじめはそういう設定はなかったんですが、練習の日に「なにか特技は?」と聞かれたので、クラシックバレエの動きを見てもらったら、キャラクターに足していただけて。そういうところでも私に近づけてもらえています。

──実際にそのような動きを使ったアクションシーンでは、佐藤友咲さんが演じる敵のNINJA、霞(かすみ)との対決になるそうですが。

佐藤さんは敵メンバーBURAIKANNの中のキュート担当ということで、見た目もとても可愛らしい方ですね。カワイイ対決ということになると、はたして殺陣をするのかなっていう疑問があるんですが(笑)。その戦い方が、とても気になっています。初めてキャストの皆さんとご挨拶した時にも、佐藤さんは可愛いイチゴ柄のシャツを着ていらっしゃって、ひと目で「私はこの人と戦うんだ」って判りましたね。女性の私から見ても理想の「可愛い」を追求している方なので、とてもキャラクターに合っているなと感じました。

──BGのメンバーの皆さんの印象などはいかがですか?

BGの5人(春川芽生、巴奎依、小林れい、竹内舞、師富永奈)と桜役の宮原華音さんの中では、年齢をお聞きしたら意外にも私が真ん中から上ぐらいの年長組にあたっていたんです。皆さん大人っぽくて、私はすっかり年下の気持ちで挑んでいたので衝撃でした。でも、純はやっぱりBGの末っ子っぽい立ち位置のようなので、そのあたりのギャップを演じるのも楽しそうだなと思いました。

──では最後に、舞台への意気込みなどをお願いします。

舞台に立つのはすごく久しぶりなのと、なにより殺陣というのは初めてなので、知らないことがたくさんあってそれを吸収していくのが楽しいですね。オリジナル作品ということで、キャストの皆さんみんな手と手を取り合って自分たちの理想とする物語を作ろうとする姿勢がひしひしと伝わってきて、人見知りで内向的な自分の性格をほぐしてくださる環境にあるのがありがたいです。私からもせいいっぱい手を取り合って、面白い作品を作れればと思います。

舞台『NINJA ZONE 〜RISE OF THE KUNOICHI WARRIOR〜』
開催:2018年9月5日(水)~9日(日)全9公演
劇場:東京・六行会ホール

【チケット絶賛発売中!】(購入サイトにジャンプします)
■カルテット・オンライン(当日精算)
■カンフェティ(当日引換券) ■アニメイト
■ライブポケット(簡単携帯決済)

★リピート特典登場!★
2回特典…ご希望キャストの非売品L判ブロマイド1枚
5回特典…ご希望キャストの非売品L判ブロマイド1枚に直筆サイン
7回特典…全キャストサイン入り公演パンフレット
全通特典…舞台上での全キャストとの集合写真

出演:宮原華音 ・ 原嶋元久 磯野大 佐藤友咲 坂本康太 朝日奈寛 春川芽生 巴奎依(A応P) 小林れい(夢みるアドレセンス) 竹内舞(グルービー) ・ 勝也 ・ 青木一馬(TOKYO流星群)・ 桝田幸希 ・ 斉藤範子(シアトル劇団子) 高橋明日香 大島翠 大山将司 キャッチャー中澤 高草木淳一 榎本遥菜 師富永奈 坪井ミサト ・ 俊藤光利 ・ 八神蓮

原案・総監督:坂本浩一
脚本・演出:石山英憲(シアトル劇団子)
【公式ホームページ】 http://www.tambourine.co.jp/stage/nz/

◆舞台「NINJA ZONE」特集ページはこちら!↓↓◆

関連人物

画像で見るニュース