閉じる

歌と向き合い20年、島谷ひとみが語る「これまで」と「これから」

2018/09/01 17:00

東京・丸の内のコットンクラブでツアーファイナルを迎えた島谷ひとみ
東京・丸の内のコットンクラブでツアーファイナルを迎えた島谷ひとみ


デビュー20周年を記念するライブツアーを実施した歌手・島谷ひとみ(37)が31日、東京・丸の内のコットンクラブにて最終公演を終えた。1999年のデビュー以降、10代、20代、30代とそれぞれの年代で歌と向き合い、いまや持ち曲は100曲に迫る島谷。「20周年は一つの区切り。今まさにスタートを切った、リスタートという気持ちです」と語る彼女に、歌手生活20周年、そしてこれからについて聞いた。

島谷ひとみ(以下島谷)「デビューしてからの20年はあっという間でしたね。広島で17歳まで過ごしたのですが、その期間よりも歌手生活の方が長くなったと思うと、歌手として長いことやって来たんだなって改めて感じます。こうやって振り返ってみると、結構長い道のりで、色々あったなと思います」

デビューした1999年はミリオンセラーが数多く誕生したCDセールスのピーク期。それから20年、音楽シーンがめまぐるしく変化する中で、島谷は音楽とどう向き合ってきたのか。

島谷「10代、20代、30代っていう各年代で、歌詞の表現が変わって来たと思います。例えば『パピヨン』という曲も当時歌っていた歌詞の一歩先の深いところを読み取れるようになったり。音楽は歳を重ねれば重ねる程、表現できることが広がっていく。シンガーソングライターではない私にとって、唯一武器と言えるものが過ごした時間なのかなって」

9/4(火)には38歳の誕生日を迎える。40歳を手前に、「ライブもレコーディングもいろいろな仕事も、今が一番楽しい」と島谷は言い切る。

島谷「10〜20代の頃は、表現できない悔しさや不安があって、いっぱい泣いたし、泣かされました(笑)。30歳を過ぎて『しっかりしなくちゃ、泣いていられない』って腹を括ったんですが、30代もベテランに差し掛かり『泣きたきゃ泣けばいいし、やりたきゃやればいい、やめたければやめればいい」と心境が変わって。素直に自分を表現しようと思えたことで、何をやっても楽しめるコツを覚えた気がします」

画像一覧
22

関連人物

  • 島谷ひとみ

関連ニュース

  • 風見しんごと島谷ひとみがセ・パ交流戦で熱いカープ愛を語る!

    2016年6月16日16:28
  • デビュー20周年を迎えたKiroroの全国ツアーもいよいよ地元・沖縄へ

    2018年6月4日13:17
  • 高木紗友希、段原瑠々「歌は友」ハロプロ歌姫対談!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

    2018年7月29日19:00
  • デビュー20周年の島谷ひとみ、8/6ライブで名曲メドレー&鎮魂の「誓い」

    2018年8月7日17:00
  • 結成20周年の底力!? モーニング娘。'18が「対バン」モード全開でロックフェスを揺らす!<RIJF>

    2018年8月21日9:35
  • 島谷ひとみ、新曲は4年半ぶりのダンスナンバー!「U.S.A.」のDA PUMP・TOMOが振り付け

    2018年10月27日22:30
  • 島谷ひとみ、1カット長回しの映像作品公開!共演は“カメ止め!”濱津ら

    2018年11月22日7:00
  • 平成最後の「NAONのYAON」初出演の島谷ひとみ、寺田恵子は「母なる大地」

    2019年4月29日8:00
  • 島谷ひとみ、7年ぶり「PMP」でフルート奏者・上野星矢と初共演「鳥肌がブワーって」

    2019年5月25日11:50