座長・山本裕典が“問題児!?”の溝端淳平ら若手を引っ張る!

2010/07/31 14:01 配信

「Ever Green Entertainment Show 2010」に出演する(下段左から)未来穂香、山本裕典、溝端淳平、坂田梨香子、(上段左から)鈴木勝大、佐藤祐基、岡本玲、浜田ブリトニー

「Ever Green Entertainment Show 2010」に出演する(下段左から)未来穂香、山本裕典、溝端淳平、坂田梨香子、(上段左から)鈴木勝大、佐藤祐基、岡本玲、浜田ブリトニー

俳優の山本裕典、溝端淳平らが所属する事務所・Ever Green Entertainmentが初めて企画した「Ever Green Entertainment Show 2010」の東京公演が7月28日、29日に開催。山本裕典、溝端淳平、佐藤祐基、岡本玲、浜田ブリトニー、坂田梨香子、未来穂香、鈴木勝大らが出演した。

この公演は、恋愛もの、ショートコメディー集、戦争ものの3本立ての舞台の後、トークショーやお楽しみ抽選会などで出演者と触れ合うことができる新しい形のエンターテインメントショー。

座長を務めた山本は「(東京公演は)大阪、名古屋とやってきて、緊張はほぐれてるので思い切ってやれて気持ち良かったです」と振り返り、「僕が事務所の中で一番古株なので、そんな器じゃないって分かってるんですが、(座長として)みんなを引っ張っていけたらなと思って自分なりに頑張りました」と話した。「けいこ中に問題児だった人は?」との質問に山本は、「(溝端)淳平が問題児です」と即答し、「一番出番が多いのに、別の仕事があるって言って、全然けいこに来なかったんですよ」と暴露した。

また、山本は「日本軍の特攻隊員の役では、けいこ1日目で役に違和感を感じて、(演じる役の感情の動きが)全部うそなんじゃないかと思ったり、(役作りで悩んでしまって)けいこ初日からトイレに1〜2時間引きこもってました」と苦労話を告白。すると、溝端が「あっ! 問題児だ!」と突っこみ、笑いを誘った。

そして、本人役で出演した浜田は「普段見せないブリトニーを出したつもりです。舞台は初めてでどうなるかと思ったんですが、すごく勉強になりました」と語ると、山本が「本人役だからアドリブとかその場のノリで芝居してくれたらいいのに、決められたことしかやってくれないんですよ。意外にまじめです」と浜田の意外な本性を明かした。

一方、岡本は「男性陣の先輩方は芝居中にどんどんアドリブを入れてくるので、ついていくのに必死でした。男性陣の勢いがすごいので、女性陣も負けてられないなと思ったし、皆さん芝居に対する熱意がすごくあるので勉強になりました」と振り返った。

最後に溝端は「どういう舞台なのか分からず、来なかった人もいると思いますが、来年、再来年とやってどんどん形にしていって、皆さんの身近なところに生の芝居を届けたいです。それに、僕たちが皆さんと交流できる大事な場所にしていくので、是非次回も来てほしいと思います!」とメッセージを送った。