芳根京子、“先輩”土屋太鳳にヒールで踏みつけられ「『こんにゃろー!』って(笑)」

2018/09/07 22:14 配信

映画

女優の芳根京子が、9月7日、土屋太鳳とW主演を務める映画「累 -かさね-」の公開初日舞台あいさつに登壇。土屋、浅野忠信、そして佐藤祐市監督と撮影を振り返り、トークを展開した。

本作は、累計発行部数230万部突破した松浦だるまの人気コミックの実写版。キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公・“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋と芳根という若手演技派女優二人が鬼気迫る演技で体現する。

先の台風や北海道の地震について、登壇者全員で復興を祈りながら始まった舞台あいさつ。

そんな中、初日を迎えた感想を土屋は「本当にうれしいです。入れ替わりものといっても普通の入れ替わりものではなかったので。今回は(入れ替わるために)きょん(芳根)ちゃんとかなりのキスをさせてもらって、うれしかったです(笑)。

本当にきょんちゃんが受け入れてくれなかったら、乗り越えられなかったと思います」と語り、芳根との絆をアピール。

一方、芳根は実際に何度もキスをしたのかと聞かれ「させていただきました(笑)。テストのときから実際にキスをしたりして、何回くらいですかね? 100回くらいですかね? もう太鳳ちゃんとのキスはあいさつです(笑)」とはにかんだ。

また、ニナのマネジャー役の浅野は、二人の印象について「お二人の印象というよりも役を通じてだったので、本当に途中からニナと累にしか見えなくなってしまって。だから最後にいくにつれてドキドキしちゃいましたね。

この人たち(現実に)帰ってこられるのかな~って。役の世界の人になっちゃったんじゃないかなと思いました」と評し、2人の女優の演技に脱帽していた。

女優同士の魂のぶつかり合い! (2/3)

「累 -かさね-」
9月7日(金)全国ロードショー
【HP】http://kasane-movie.jp/

■土屋太鳳/劇中ダンス映像「七つのヴェールの踊り」



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース