<ヒモメン最終回>窪田正孝、笑顔の「バイバイ」に視聴者“感涙”「ヒモメンで泣くとは…」

2018/09/09 10:12 配信

ドラマ

「ヒモメン」感動の最終回にファンから別れ惜しむ声…!

「ヒモメン」感動の最終回にファンから別れ惜しむ声…!

窪田正孝が“ヒモ男”・碑文谷翔を、川口春奈が翔を更生させたい彼女・春日ゆり子を演じてきた土曜ナイトドラマ「ヒモメン」(テレビ朝日系)が8日、最終回を迎えた。

“社会派コメディー”と銘打ち、翔のクズっぷりやゆり子の強烈パンチ、ゆり子に横恋慕する池目先生の顔芸など、土曜の夜に笑いを提供してきた本作。最終回ではゆり子と翔の強い愛の絆がしっかりと描かれ、視聴者から「泣いた」の声があふれている。(以下、ネタバレがあります)

“ミスターパーフェクト”がゆり子をかっさらう!?

最終話でゆり子は、かねてから花嫁姿を見たいと言っていた父(おかやまはじめ)が末期がんだと知らされる。

翔を認めないゆり子の姉・桜子(片瀬那奈)は、結婚相手としてゆり子の幼なじみ“タッちゃん”こと松平鷹彦(渡辺大)を指名。元医師で、現在は厚生労働省勤務。しかも高身長&イケメンという“ミスター・パーフェクト”の出現に、翔と池目がタッグを組んで立ち向かう…というストーリーだった。

コメディー要素の強い本作だが、最終話は序盤から泣ける展開の連続だった。

父に花嫁姿を見せるため、ゆり子は鷹彦との結婚を決意。何も知らない翔を遊園地に誘い、最後のデートを満喫した後、「一番好きなものじゃなくても、幸せにはなれる。仕事も、結婚も…」と涙で別れを告げた。

大人気!池目先生にも別れ惜しむ声 (2/2)


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース