城田優、森川葵の姿に「すごくドキドキさせられるんですよ」

2018/09/12 06:00 配信

ドラマ

MBSは毎週日曜、TBSでは毎週火曜に放送中のドラマイズム「文学処女」。原作は「LINEマンガ」で連載中の、中野まや花による同名漫画だ。恋を知らない文芸編集部の月白鹿子(森川葵)と、恋ができない人気小説家・加賀屋朔(城田優)のいびつな関係から生まれる“遅咲きの恋”を描く。ドラマでは、鹿子の“キワドイ”妄想シーンの他、鹿子と加賀屋、さらに鹿子に思いを寄せる同僚・望月(中尾暢樹)による三角関係も描かれており、原作ファンをはじめ話題を呼んでいる。

城田優演じる売れっ子小説家・加賀屋は端正なルックスを持ちながらも恋ができず、担当となった鹿子を振り回していくという役どころ。

今回、「ザテレビジョン」では加賀屋を演じる城田にインタビューを行い、自身が演じる加賀屋の魅力や、ドラマの見どころを語ってもらった。

“恋ができない男”加賀屋の魅力とは? (2/4)

「文学処女」
MBSでは毎週日曜夜0:50-1:20
TBSでは毎週火曜夜1:28-1:58

◆2018年秋ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!