<半分、青い。>鈴愛の人生駆け抜けた永野芽郁「泣いてるシーンは全部印象に残っている」

2018/09/12 06:00 配信

ドラマ

永野芽郁が連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)を撮り終えての心境を明かす

永野芽郁が連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)を撮り終えての心境を明かす

第24週が放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

9月11日放送の第140回では、ついに律(佐藤健)が会社を辞め、鈴愛(永野芽郁)と扇風機作りに本腰を入れ始めた。

9月29日(土)の最終回に向けてこれからの展開がますます気になるが、2017年11月にクランクインし、鈴愛の人生を駆け抜けてきた永野が8月にクランクアップを迎えた。

そんな永野が、クランクアップ後に行われた取材会で、約10カ月の撮影を終えて今一番やりたいことや幼なじみ・律を演じる佐藤との思い出深い撮影、作品を通して感じた自身の成長などを語った。

約10カ月の撮影を終えた心境は (2/4)

連続テレビ小説「半分、青い。」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送


◆連続テレビ小説「半分、青い。」のニュース記事まとめはコチラ!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース