大東駿介“セミフィクション”作品で考えた「言葉の力」<ひまわり対談・後編>

2018/09/14 08:15 配信

映画

大東駿介が主演を務める映画「YOU達HAPPY 映画版 ひまわり」が、9月1日から全国で順次公開中。

「映画版 未来日記」(2000年)で話題を呼んだ杉本達監督がメガホンを取り、過疎化と向き合う栃木・那須烏山の人たちが“町おこし”や存続が危ぶまれている「山あげ祭」を守るために奔走するドキュメントに、俳優たちの演技によるフィクションを融合させた、新しい手法の“セミフィクション”作品となっている。

地元の高校生、佐藤佑香さん、青木由比さんが町の未来のために本気で取り組む姿を追い、この二人のひと夏の成長物語も作品の見どころの一つ。コミュニティFM運営のために東京からやってきた大学生・大海夏生を演じる大東が、ドキュメントと芝居のはざまで、作品のかじ取り役をしながら女子高校生2人をサポートしていく。

大東、倉野尾成美(AKB48・チーム8/チームK兼任)の二人へのインタビュー後編では、引き続き“セミフィクション”作品の撮影の向き合い方などを語ってもらった。

【前編から続く】

うそのない言葉とのバランス

――演じる役について意識したことはありますか?

大東:本を読んだ時点ではかなり意識して、作り込んでいくと彼女たちの素直な、うそのない正直な言葉と正直な目を前にすると、バランスが取れなくなっちゃうんですよね。僕たちの言葉がまるで届かなくなるんですよ。

紙に書いていることはうそっぱちではないんだけど、紙に書いてあることを自分が言うというのは、本の代弁者としてなので、“また聞き”みたいなことになってしまうんですけど、それと彼女たちの心から出た言葉というのは“同じ力”じゃないんですよね。

だから、僕は彼女たちには本当にその場で自分が思っている本当のことをなるべく言いたいなって思って、あまりせりふに縛られないように、でもこの本が何を伝えたいのかということ、この場面で何を伝えたくて、彼女たちのどういうことを引き出したいんだということだけを意識しました。

大東駿介が西岡徳馬とのシーンで見せた作品への思い (2/4)

映画「YOU達HAPPY 映画版 ひまわり」
全国で順次公開中

出演=大東駿介、佐久本宝
   佐藤佑香、青木由比、坂本一樹
   前田亘輝(特別出演)、倉野尾成美
   西岡徳馬
企画=前田亘輝
監督=杉本達
脚本=金沢達也
主題歌=「灯台」TUBE(ソニー・ミュージックレーベルズ)
公式サイト=http://you-happy-himawari.com/
(C)2017『YOU達HAPPY 映画版 ひまわり』製作委員会