鈴木おさむ、舞台成功の鍵は「川栄李奈の中の“おじさん”を捨てれば…」

2018/10/04 20:31 配信

芸能一般

廣瀬智紀、川栄李奈がW主演を務める舞台「カレフォン」が10月4日に初日を迎え、囲み取材が行われた。

廣瀬は「1カ月みっちり稽古してきた。自分たちがどれだけこの世界観をお届けできるか。ワクワクとドキドキでいっぱい」と初日を迎えることへの意気込み。

川栄は「(キャストが)5人しかいないので、みんなで意見を言い合ったり、表情が分からなかったらやましげ(山崎樹範)さんがやってくれたり、和気あいあいと、かつ団結しながらできた。それが皆さんに伝われば」と、稽古を振り返りながらチームワークの良さを強調した。

作・演出を手掛けた鈴木おさむは、「女性が見に来て、絶対に泣けるラブストーリーを作ろうと思った。昨日もリハーサルをやり、女性スタッフがかなり爆泣きしている様子を見て、これはいけるんじゃないかなと感じている。恋愛でキュンとするシーンもたくさんある」と手ごたえを感じている様子。

初めて同じ作品に関わることになった川栄については「こう見えて、意外と心の中に“おじさん”が住んでいることが分かった。その“おじさん”を捨てて、思いっきり恋愛をやっていただけたら大成功するのでは」と突然の暴露。

川栄は爆笑しながらも「今回のキャスト、男性が女性っぽくて、女性二人が男っぽいところがある。逆にバランスがいいなって思っている」と、独特な持論を展開した。

また、物語の内容に掛けた「古い携帯電話やスマホは捨てるか?」という質問では、男性陣が「捨てられない」と答え、女性二人は「すぐ捨てる」「ポイっと」と返答。川栄は「だから(女性二人の方が)男っぽいんですよ」と語り、鈴木は「女々しいわけではない。思い出に浸りたいんです」と言い返していた。

最後に、廣瀬が「舞台を見に来てくれた方が、存分に泣いて笑って、明日からの活力の一歩になれば」とアピール。来場を呼び掛け、会見を締めくくった。

会見には桐生陸役の戸塚純貴、茜の同僚・花田裕美役の柳美稀、嫌みな上司・玉木健一役の山崎樹範も出席。同公演は、東京を皮切りに全国7都市で上演される。

舞台「カレフォン」
出演=廣瀬智紀、川栄李奈/戸塚純貴、柳美稀、山崎樹範
作・演出=鈴木おさむ
音楽=大塚愛
■公演日時
 10月4日(木)~21日(日)東京・オルタナティブシアター
 10月27日(土)、28日(日)大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
 10月31日(水)広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ
 11月3日(土)埼玉・ウェスタ川越大ホール
 11月6日(火)宮城・電力ホール
 11月11日(日)北海道・七飯町文化センター パイオニアホール
 11月13日(火)北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
■チケット発売
 先行発売=6月1日(金)~
 一般発売=7月22日(日)~
■公式HP
 http://www.krph.jp

■廣瀬智紀&川栄李奈を直撃!
 ●SPインタビュー前編 / ●SPインタビュー後編



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース