堂本光一「これってアーク溶接?」東京スカイツリーの裏側に夢中

2018/10/07 13:18 配信

バラエティー

東京スカイツリーを探訪したKinKiKids

東京スカイツリーを探訪したKinKiKids

10月6日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ) で、ゲストにスキマスイッチが登場。東京スカイツリーを上りたい派と構造を知りたい派に分かれ、それぞれの角度から満喫した。

オープニングから「また、ここ!」と堂本剛。堂本光一も「何回目?」と、冒頭からツッコミを入れた二人。番組でスカイツリーを訪れること3回目。今回はゲストにスキマスイッチを迎えて、スカイツリーに「上りたい派」の大橋卓也と「構造を知りたい派」の常田真太郎に分かれ、スカイツリーの新たな魅力発見ツアーにでかけた。

常田は高いところが苦手ではあるが、「すごく高い建造物を見るのとか、それをどうやって造ったのかを知るのがすごい好きなんです」と常田。「飛行機とかで下の景色を眺めてると、どうしてこんな山の上に鉄塔立ってるんだろうとか、気になりません?」と問いかけると、「それスゲー思う!」と共感した光一。「山のさ、木をかき分けた中にこう鉄塔が…あの鉄塔はどうやって、あの鉄塔をつけているの?」と疑問をぶつけると、常田が「3つ方法がありまして…」と方法を解説。「ロマンがあるんですよね」とマニアックぶりを発揮。

剛と常田は普段は観ることができない心柱の見学をし、心柱の一番底の部分をみると剛は「心柱からするとみられたくない恥ずかしい所」と剛。

また、常田は心柱の中心部分を発見し、その真下にいた剛は「スカイツリーの中心の真下に入る日が来るなんて!」と感慨深げ。常田も中心部分を指で触れ「一番触って欲しくないとこ」とコメントするなど心柱との空間を満喫。あまりの居心地の良さに剛は「俺、全然まだ6時間くらいいれるな」と漏らしていた。

一方、「上る派」の光一と大橋は展望台で眺望を見終えたようで、「我々、もうやることないので」と景色を眺めながらアイスコーヒーを飲みながら休憩していた。それぞれのチームをテレビ電話でつなぐと、光一が「ボルトとか使わないで溶接なんでしょ?俺、溶接の資格持ってるからさ、やっぱ溶接部分気になるよね」と伝えると、剛は「ちょっと見せよか?溶接」とカメラで溶接部分を見せた。光一は「おお、あー!これってアーク溶接?」と本格的な質問をしていた。

最後はスカイツリー名物「ツリー丼」を食し、剛は「心柱のあとの天丼ってめちゃめちゃ美味いね」と一日を振り返った。

また、当初、水族館も訪れる予定だったが、尺の都合でなくなってしまいショックを受けた常田だったが、大橋は「そう考えると、僕ほとんど映ってないかも」と冷静にコメント。「せめて心柱の下で歌いたかった」とこぼすも、最後は「相方がそんなに楽しかったなら良かったと思う」とコメントしていた。

Twitterでは「展望台の光一さんと大橋さんのツーショットは貴重」「これで4人が一緒に歌ってくれたら最高なのに」などの声が寄せられていた。

次回放送は10月20日、ゲストに倉科カナが登場する。