横浜流星、ソロ初パフォーマンス披露!「10代の頃は完璧を求めすぎてた」

2018/10/11 08:00 配信

音楽

俳優のかたわら10月10日にソロアーティストとしてCDデビューも果たした横浜流星が同日、東京都内でリリース記念イベントを開催。ソロとしては初めてとなるパフォーマンスを披露し、初めて作詞も担当したという曲に込めた思いを語った。

今回、GReeeeNプロデューサーJINのもと「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン) / 未完成」を引っ提げCDデビューした横浜。自他ともに認める“雨男”だが、イベント当日は快晴。青空のもと、JINが作詞・作曲を担当した「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」と、自身が初めて作詞したという「未完成」の2曲をひとりで歌唱し、集まったファンを魅了した。

パフォーマンス後は、曲に込めた思いなどを語るトークセッションが行われた。「楽屋ではずっとそわそわしてました。昨日も夜寝られなくて」と初パフォーマンスを前に緊張していたことを明かした横浜。歌唱を終えた心境を聞かれ、「今は放心状態です」と笑顔を浮かべた。

“グリーンボーイズ”としてデビュー

ソロアーティストデビューのきっかけは、映画「キセキ -あの日のソビト-」(2017年)への出演だった。

GReeeeNの名曲「キセキ」の誕生秘話をもとにしたこの作品で、横浜はGReeeeNのメンバー・ナビを演じ、共演の菅田将暉、成田凌、杉野遥亮と“グリーンボーイズ”としてCDデビュー。「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)でもパフォーマンスを披露するなど、アーティストとしての第一歩を踏み出した。

その縁から今回、JINプロデュースのもとソロデビューが決定。また、GReeeeNの「愛唄」をモチーフにした映画「愛唄 -約束のナクヒト-」(2019年1月25日公開)の主演にも抜擢されている。

トークセッションでは、“グリーンボーイズ”としてデビューしたときとの印象の違いについて聞かれ、「全然違いますね。グループだと安心感があったんですけど、ソロだとやっぱり心細いです。でも、自分は小学校から空手をやっていて“個人”での活動に慣れているので、あまり考えすぎず、楽しくできたかなと思います」と振り返った。

横浜流星が初作詞曲「未完成」に込めた思いとは… (2/2)

↓↓横浜流星のグラビアを「WEBザテレビジョン」で配信中!↓↓


■横浜流星2019年カレンダー
撮影/日吉永遠
発売日/2018年10月30日(火)
定価 /本体2,500円+税
仕様 /卓上型
発売 /株式会社KADOKAWA
【ネット書店限定 特典付き】
Amazon、 楽天ブックス、カドカワストア、スターダストネットでは、 手帳などの挟んで気軽に持ち運べる、写真付きミニカレンダーを封入。 (書店ごとに絵柄は異なります)

↓Amazon限定版の予約はこちら!

↓スターダストネット限定版の予約はこちら!

↓楽天ブックス限定版の予約はこちら!

↓カドカワストア限定版の予約はこちら!