金子大地 芝居の難しさを感じつつも『「おっさんずラブ」では(田中)圭さんの愛を感じました』

2018/10/24 08:00 配信

ドラマ

ことしの大ヒットドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)に栗林歌麻呂として出演し、“マロ”として認知度を高めた金子大地。2014年のオーディションで18歳の時に芸能界デビューを果たした彼は、中学・高校時代は全く芸能界入りを予想していない、バスケットボール一筋の少年だったという。

――デビューのきっかけは「アミューズオーディションフェス2014」でしたが、そのきっかけは?

高校生のときに友達がSNSでオーディション情報を見つけて、その場で応募したんですけど、当時は芸能界は夢の世界というイメージでした。なので、当時は純粋に東京に行ってみたい、北海道を出てみたいと思って応募したんです。合格したときはこれからどういうことをするんだろう? 楽しみだな、という気持ちでした。

――お芝居をしたのは、事務所に所属されてから?

そうですね。お芝居って繊細なので、「難しい!」と常々感じています。

大ヒット作「おっさんずラブ」で学んだこと (2/4)

「フェイクニュース」(後編)
10月27日(土) 夜9:00‐9:50 
NHK総合にて放送

映画「家族のはなし」
11月23日(金)公開
監督=山本剛義/出演=岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉、財前直見、時任三郎

↓↓金子大地の美麗グラビアを「WEBザテレビジョン」で配信中!↓↓

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース