北村匠海、月川翔監督と『キミスイ』以来の再タッグ!「君は月夜に光り輝く」で永野芽郁とW主演!

2018/10/17 07:00 配信

映画

第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、応募数4878作品の中で選考員から賞賛の嵐を受け、大賞を受賞した佐野徹夜のデビュー作「君は月夜に光り輝く」。「世界の中心で、愛をさけぶ」「君の膵臓をたべたい」に並ぶ感涙作として2017年2月の発売以降人気を博し、累計発行部数30万部を突破(2018年9月時点)した注目作が、映画化される。

W主演を務める北村匠海と永野芽郁

W主演を務める北村匠海と永野芽郁

(C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

死期が近づくにつれて肌が光るという原因不明の不治の病“発光病”。患者は病院から出ることが許されず、成人するまで生きることが出来ない。そんな発光病を患う余命いくばくもない少女・渡良瀬まみず役に、連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)で主演を果たした永野芽郁。入院中のまみずと出会い、病院から出ることが許されない彼女の“叶えられない願い”を“代行体験”という形で叶えていくこととなり、姉を亡くして以来、人の死に恐怖を覚えている少年・岡田卓也役を、北村匠海が演じる。公式ブログで北村は「情報解禁なりました!/君の膵臓をたべたいチームで絶賛撮影中でございます。/またこうして一緒に仕事ができることが何より嬉しい。役者という仕事のいいところです。数年たってまた出会える。/幸福です。/この3年間の成長をみせるような気持ちで頑張っております笑/あの当時は18歳か…/もう僕は21になろうとしているのか…/(中略)兎にも角にも、楽しみにしていてください。いい映画撮ります。(原文ママ)」と作品への思いをつづっていた。

監督を務めるのは“キミスイ”の月川翔。ほか共演者は… (2/2)

「君は月夜に光り輝く」2019年3月15(金)公開
原作= 佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督・脚本 =月川翔(『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』)
配給=東宝
©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース