内田有紀、視聴者号泣“咲姉ちゃん”臨終シーン秘話語る「生きたかったんだけどごめんね」と…<まんぷく>

2018/10/23 06:20 配信

バラエティー

内田有紀が“咲姉ちゃん”の最期のシーンを回想

内田有紀が“咲姉ちゃん”の最期のシーンを回想

10月20日に放送された「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に女優の松坂慶子内田有紀が生出演。視聴者を大きな悲しみで包んだ連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)での咲(内田)の臨終シーンについて振り返った。

「まんぷく」で松坂はヒロイン・福子(安藤サクラ)の母・鈴(すず)を、内田は上の姉・咲(さき)を演じている。12日に放送された第11回では、肺結核を患っていた咲がとうとう短い生涯を閉じた。

「土曜スタジオパーク」では、放送時に多くの視聴者の涙を誘った、病室で咲が鈴や福子、愛する夫・真一(大谷亮平)、妹の克子(松下奈緒)、克子の夫・忠彦(要潤)に看取られて息を引き取るシーンを改めて放送した。

大谷亮平「俺、こんなに泣けるんだ」


VTRでは、松下奈緒と大谷亮平からもコメントが到着。2人ともこのシーンを印象的な場面に挙げ、大谷は「『俺、こんなに泣けるんだ』というくらい気持ちが乗って…」、松下も「咲姉ちゃんが最後、『ごめんね、克子…』『ありがとう』って。その一言で私はもう号泣してしまって…。あのシーンは本当につらかったですね」と、それぞれ撮影を振り返った。

松下と大谷のコメントを受け、MCの渡辺直美も「皆さんの思いがグッと伝わってくるシーンでしたが…」ともらい泣き。内田は、「咲姉ちゃんが一生懸命みずみずしく生きている、今井家の一員であったことを、皆さんの心にしっかりと寄り添えればいいなと思いながら…。亡くなるシーンまでのプロセスを大事に、鈴さんへの育ててくれた感謝だったり、克子との思い出、福子との思い出、真一さんとの思い出、忠彦さんとの思い出すべてを、日々演じる中でしっかりと、丁寧にいきいきと演じたいなと思っていましたので、そういう気持ちで臨みました」と打ち明けた。

関連番組

関連人物