俳優・山田裕貴の特技「アムロのモノマネで名言を言う」にスタジオ大ウケ 千原ジュニアも絶賛 

2018/10/24 16:48 配信

バラエティー

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

10月21日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)で、人気急上昇中の若手俳優・山田裕貴が「アムロ・レイのモノマネをしながら名言を言う」というユニークな特技を披露。とっておきのある有名人の“名言”を披露し、スタジオを爆笑の渦に巻き込んだ。

アムロ・レイのモノマネで名言披露

この日、初登場ゲストとしてスタジオにやってきた山田。千原ジュニアに「山田くんは『機動戦士ガンダム』の主人公・アムロのモノマネをしながら名言を言えるっていう特技があるんでしょ?」と振られると「いや、なんか…そういうことやっていかないと世に出ていけないのかなと…」と率直に返答。千原ジュニアは「それこっち(芸人)がやることや」と苦笑ながらにツッコんだ。

「ちょっと今日はある人物の名言で…」とさっそく“持ち芸”を披露。アムロのモノマネで「笑いを作る上で、怒りという感情は必要というか、表裏一体なんだと思います!」と名言を吐き、スタジオを爆笑させた。

澤部佑に「誰の名言?」と聞かれ、山田は「これはあの…千原ジュニアさんの」とネタ元を告白。笑いについて考察するマジメな一面を暴露された千原ジュニアは、「俺?俺そんなこと言うた?親父にもイジられたことないのに」とアムロの名言を絡ませつつ、赤面した。

大ウケに気をよくした山田は「林先生の名言も…」と、アムロのモノマネで「今でしょ!」を披露。林や初耳コンシェルジュの大政絢も大爆笑で、千原ジュニアにも「面白い!」と絶賛された。

ドヤ顔林修も降参!苗字の初耳学

番組後半では、そんな山田から林に出題。山田は「苗字ランキング12位の“山田”が記入例に最適な理由は?林先生、それ知ってますか?」と林に質問を投げかけた。

この問題に、それまでドヤ顔で「知ってる」ボタンを押してきた林もお手上げ状態。迷った末に、この日初めて「初耳」ボタンを押し、問題は“初耳学”に認定された。

“山田”が記入例に最適な理由とは? (2/2)

「林先生が驚く初耳学!」
毎週日曜 夜10:00-10:54
※10月14日(日)は夜10:25-11:19
TBS系

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連ニュース

画像で見るニュース