”タイトルが秀逸”と絶賛!成田凌「根底に流れているのは“愛”だと思う」

2018/11/03 11:00 配信

スマホという身近なテーマが話題を呼び、映画化のオファーが殺到したという志駕晃の同名小説が原作の「スマホを落としただけなのに」(公開中)。成田凌が演じたのは、スマホを落とした麻美(北川景子)が頼るインターネットの専門家・浦野善治。本作を「サスペンス要素はもちろんありますが、純粋なラブストーリー」と語る成田に、今回の役どころや作品の見どころなどを聞いた。

映画「スマホを落としただけなのに」で、スマホを落とした麻美(北川景子)が頼るインターネットの専門家・浦野善治を演じる成田凌

映画「スマホを落としただけなのに」で、スマホを落とした麻美(北川景子)が頼るインターネットの専門家・浦野善治を演じる成田凌

撮影=大石隼土

――本作をご覧になった感想を教えてください。

スマホを落としてしまって拾った相手がヤバい奴だったという。犯人は誰なのか?とか、主人公はどうなっていくの?というサスペンス要素はもちろんありますが、根底に流れているのは“愛”だと思うんですよ。思いやる心があるからこそ生まれる出来事というか…。恋愛ドラマよりも深い愛がないと成立しない映画。そういう意味では純粋なラブストーリーといってもいいかもしれないです。それにしてもタイトルが秀逸。素晴らしいですよ。あの焦りは誰もが想像できますから。

――スマホを落としたことはありますか?

記憶にないです。ただ、家に忘れたことはあります。現場で「ない!!」ってことに気づいて、色んな方に探してもらったり電話を掛けてもらったりしたけど見つからなくて。結局、家に帰ったらあったので良かったんですが、本当に焦りましたね。移動できない、いつどこに行けばいいか分からない、調べたくても調べられない、連絡も取れない…。全てがこの1台に詰まっているんですよ。これがないと何もできない。不安しかなかったです。

一番のこだわりはTシャツ! (2/3)

なりた・りょう=1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。MEN'S NON-NO専属モデル。2019年には、映画「チワワちゃん」(1月18日・金公開)、「翔んで埼玉」(2月22日・金公開)、「愛がなんだ」(春公開予定)、「さよならくちびる」(初夏公開予定)など出演作を多数控えている。また、2019年12月公開の映画「カツベン!(仮)」では主演を務める

映画「スマホを落としただけなのに」
公開中
配給=東宝
原作=志駕晃「スマホを落としただけなのに」(宝島社文庫)
脚本=大石哲也/監督=中田秀夫/出演=北川景子、千葉雄大、バカリズム、要潤、高橋メアリージュン、酒井健太(アルコ&ピース)、筧美和子、原田泰造、成田凌、田中圭

◆映画「スマホを落としただけなのに」出演者インタビューが好評連載中!◆

関連番組

関連人物