武田玲奈、“原宿カワイイ”で大変身!「小学生の時はブリブリ系でした」

2018/11/02 07:00 配信

ドラマ

千葉雄大扮する主人公の編集者・新見佳孝(通称:南吉)が、慣れないファッション誌の現場で日々悪戦苦闘する様を描くお仕事ドラマ「プリティが多すぎる」(毎週木曜深0:59~1:29日本テレビほか※11月8日は夜1:09-1:39に放送)。

第4話(11/8放送)からは、武田玲奈が原宿系ファッション誌「Pipin」のモデル中川心寧役で登場。自身も雑誌「non-no」の専属モデルとして活躍している彼女は、どんな役作りをしながら撮影に臨んだのか。ファッションにまつわる話を交えながら、現場の雰囲気や好きな洋服について語ってもらった。モデルからの視点による“ファッション誌あるある”もお楽しみに!

――「Pipinモデル」の心寧ちゃんは、どんなキャラクターですか?

心寧ちゃんはもともとオシャレが好きで、最初はインスタグラムでいろんなことをやっていたんですけど、スカウトされて。田舎から上京してきたという感じは自分と似ているかなと思いました。性格的には内気で自信がない女の子。そういう部分も私自身と重ね合わせながら演じていました。

――仕事で着ている服と自分が好きなファッションにギャップがあるという設定。

ドラマに初めて登場する4話の時は、まだかわいい系の服を着ています。心寧ちゃんの中で、あの服はかわいく見えないんだけど、みんながかわいいって言っているから着ている感じ。私と全く同じというわけではないんですけど、若干重なるところはあるかなと思っています。

――武田さんと違う部分はどこですか?

心寧ちゃんは、自分がどのジャンルが好きなのか分かってないんです。本当は、こういうのが好きなんだけど、自分の意見を抑えていて…。う~ん、抑えているのかな?(笑)たぶん、自信がないから自分の意見を言えないのかもしれません。私だったら、きっと割り切って着ちゃうような気がします。

武田玲奈「小学生の時はブリブリ系を着ていましたね」 (2/4)

「プリティが多すぎる」
毎週木曜夜0:59-1:29 
日本テレビほかで放送
※11月8日は夜1:09-1:39に放送

原作=大崎梢「プリティが多すぎる」(文春文庫刊)
脚本=荒井修子、渡邉真子
音楽=西口悠二、Chocoholic
主題歌=木村カエラ「COLOR」
制作=千野成子、池田健司
プロデューサー=小田玲奈、松永洋一、森有紗
演出=久保田充ほか
出演=千葉雄大、佐津川愛美、小林きな子、矢島舞美、池端レイナ、黒羽麻璃央、長井短、森山あすか/中尾明慶、堀内敬子、杉本哲太
【HP】https://www.ntv.co.jp/pretty/

◆2018年秋ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース