桜井日奈子、2018年に心境の変化!「何が出るか分からない女優」を目指す

2018/11/05 07:00 配信

映画

「最近は欲が出てきました。今までは、どこかで『私なんかが』という思いや、同年代の他の女優さんが活躍している姿を『ああ、すごいなあ』と、何となく見ていたんですけど、最近はそれがつまらないというか、他人事にできないというか(笑)。『悔しいな』というふうに思っていて」。

そう語るのは、女優の桜井日奈子だ。11月9日(金)に公開を迎える人気コミックの映画化「ういらぶ。」では、臆病で自信のない自分を変えたいと願うヒロイン・優羽(ゆう)を熱演した桜井に、King & Prince・平野紫耀との共演秘話や、女優として「変化の必要性」を実感した経験、今後目指す方向性などを語ってもらった。

――本作で演じられた優羽は、自信がないため、幼なじみの凛(平野)にうまく思いを伝えることができない女子高校生です。劇中では変顔にも挑戦されていますが、この作品を経験したことで、女優としてどんな部分で成長を実感できましたか?

瞬発力ですかね。一瞬の画力じゃないですけど、変顔もそうですし、シーンを切って撮影が進んでいった部分があるので「一瞬の画で見せる」という点は、必要な力だなと思いました。

――いわゆるラブコメで、笑いどころも多いです。佐藤祐市監督とは、どんなお話をしながら笑いを生むシーンを組み立てていったのでしょう?

私が頭の中で考えられるのは、まだ1パターンくらいしかないんです。撮影中は、自分の引き出しの少なさを痛感していたんですけど、佐藤監督が「じゃあ、こういうのをやってみて」と提案して、お手本を見せてくださったんです。

それがすごく面白いんですよ!(笑) とても分かりやすかったので、私も「こういうふうにやればいいんだ!」と、自分の中にすぐ落とし込むことができました。監督のお手本が大きかったですね(笑)。

――好き過ぎるが故に、優羽に対してドSになってしまう凛との関係性が一つの見どころになっていますが、凛にいじられる優羽を演じる中では、どんな部分が楽しかったですか?

優羽ちゃんというキャラクターが、自分とは真逆だと思っていたんです。そこが一つのやりがいを感じていた部分でした。自分はこんなにドSなことを言われると言い返しちゃいますし(笑)、言いたいことははっきりと言う性格なんです。

優羽ちゃんが自分とは違うタイプだったという意味で、やりやすかったかもしれないですね。キャラクターが自分に近いと、自分の内からにじみ出てくるもので何とかしようとするんですけど、それよりは、自分と離れている役柄を思い切り演じた方が取り組みやすいので。

平野紫耀の印象は? (2/3)

映画「ういらぶ。」
11月9日(金)公開
【HP】http://welove.asmik-ace.co.jp/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース