和田雅成の身も心もボロボロに!転機になった作品とは?【和田雅成web限定連載】

2018/11/12 20:36 配信

芸能一般

「薄桜鬼」の舞台中は、夢の中でも戦いを繰り広げてました

芸能界に足を踏み入れたきっかけや、お芝居に対する思いについて明かしてくれた前回。今回は「転機になった作品の一つ」と和田自身が語る「ミュージカル『薄桜鬼』」での、苦しくも成長する糧となった当時の思い出について、包み隠さず語っちゃいます!

“座長”というプレッシャー。限界まで追い詰められた最終日

皆さん、こんにちは。和田雅成です! 今回は僕が座長を務めさせていただいた、「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三篇」についてお話ししたいと思いますが、この作品は2018年上半期の中でも一番身も心も削って臨んだもの。歴史ある「薄桜鬼」という作品に出演させていただくだけでなく、しかも座長という立場まで任されて…、それでも当時は自分の中でプレッシャーを感じていないつもりだったんです。だけどその中で、殺陣、芝居、ダンス、歌の全部を、約一週間の稽古期間で覚えていかないといけなかったし、おまけに舞台が始まったら公演時間の約3時間は、ずっと舞台上から離れられない。これまで何度も舞台を踏んできたけど、こういう経験が僕にはなかったので、最終的に夢の中でも戦うほどまでになっちゃいました。仕事のこと、「薄桜鬼」のことを考えすぎて、夢の中にまで出てきて、当時は正直あんまり眠れてなかったですね…。

大千穐楽で身も心も限界に… (2/2)

わだ・まさなり=1991年9月5日生まれ、大阪府出身。舞台活動を中心に行い、主な出演作は舞台「刀剣乱舞」シリーズ、へし切長谷部役など。11月には主演舞台「体内活劇『はたらく細胞』」、2019年1月には舞台「画狂人 北斎」への出演が控えている。2nd写真集「和田雅成写真集 初戀(DVD付)」が絶賛発売中。人気舞台俳優らが出演する旅番組「たびメイト」(TOKYO MX)に出演中