和田雅成、上京当時の思い出を語る。「やっぱり東京はいろいろと誘惑が…」

2018/11/16 05:25 配信

芸能一般

人気の舞台「刀剣乱舞」には初演から参加。現在主演舞台「体内活劇『はたらく細胞』」が上演中の和田雅成

人気の舞台「刀剣乱舞」には初演から参加。現在主演舞台「体内活劇『はたらく細胞』」が上演中の和田雅成

“りんりん”こと舞台俳優・和田雅成が、本人自ら”和田雅成のトリセツ”を解説する『月刊ザテレビジョン』の連載「What about:りんりん!?」。第2回目は「上京当時の思い出や、尊敬する役者仲間のこと」を語ってくれた。その一部をお届け!

僕は割と消極的な人間だった

こんにちは、和田雅成です!  先月から始まった僕の新連載ですが、皆さんは前回分ももうチェックしてくださいましたか? 実は僕の連載は、この「月刊ザテレビジョン」だけでなく、「ザテレビジョン」の公式サイトでも楽しむことができるんです! すごい! 誌面ではお話しし切れなかったエピソードも、たくさん明かしておりますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

さて、今回は僕の上京話をしたいと思いますが、東京に出てきたのは今から大体4年半前。それまではずっと大阪で舞台を中心に活動していたのですが、「合唱ブラボー!~ブラボー大作戦~」(2013年)という作品のオーディションを受けに東京へ行ったのが、思えばきっかけの一つでした。それに自分の中でも、もう東京に出た方がいいって思ったタイミングがちょうどあったんです。おまけに僕は割と消極的な人間だったので、気持ちが変わってしまう前にこれは行かないと!と思って、東京へ出てきました。そうして東京に出てきて思ったのは、”ぶれちゃいけない”ってこと。やっぱり東京はいろいろと誘惑が多いし、役者同士の人脈が広がっていく中でも、自分はぶれない、自分はぶれない…って当時は一番言っていた気がします。

上京当時仲良くしてくれた人たち (2/3)

わだ・まさなり=1991年9月5日生まれ、大阪府出身。舞台活動を中心に行い、主な出演作は舞台「刀剣乱舞」シリーズ、へし切長谷部役など。ただいま舞台「体内活劇『はたらく細胞』」が上演中、1月には宮本亜門演出の舞台「画狂人 北斎」、2月には主演舞台「RP☆THEATER第3弾『泪橋ディンドンバンド3』」などの出演が控えている。「猫のひたいほどワイド」(tvkほか)、「たびメイト」(TOKYO MX)など現在放送中のテレビ番組にも多数出演。2nd写真集「和田雅成写真集 初戀(DVD付)」が絶賛発売中。11月30日(金)には「和田雅成 2019年 卓上カレンダー」「2019年 壁掛けカレンダー」が発売