林修が現代人の生き方をバッサリ!理想の人間関係を「あえて2つに分けてみました」

2018/11/14 19:04 配信

バラエティー

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

11月11日放送の「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)で、林修が“人との正しいつながり方”について講義。「どんな人間関係のなかで生きていくべきか」をコミックの人気キャラクターにちなんだ2つのタイプに分けて解説し、議論を巻き起こしている。

“人脈”はさもしい言葉?


この日、取り上げたのは、webメディア「新R25」に掲載された人気クリエイティブディレクター・三浦崇宏氏のインタビュー。

「人脈なんて言葉を使っているヤツはクソ」という衝撃的なタイトルのこの記事を引用し、「“人脈”とは人のことを金儲けの道具として見ているからこそ出てくる言葉だと。その人とつながっていると得をする、儲かるというさもしい考えが奥にあるからこそ使っている人もいないと言えます?」と問題提起した。

スタジオでは、「よくつるむ人は?」と聞かれたサンシャイン池崎が「クールポコ。さんです。クールポコ。さんと付き合ってると営業の社長とかと知り合えるんでね」と損得勘定丸出しの人間関係を披露。スタジオ中から「いい人脈!」とツッコミを受けた。

林は、現代は“損得による人脈作りがもっとも顕著な時代”であり、その大きな要因のひとつがSNSの存在だ、と指摘。

SNSによってその人物の人間関係が“可視化”され、周囲から「自分もその中に入っていきたい」と思われたり、周囲に「スゴイ人とつながったから、自分もそのレベルの人間になった」と錯覚させてしまうという。

「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)
毎週日曜日夜10:00-10:54

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!


キーワード