第98回ドラマアカデミー賞の受賞結果を発表! 最優秀作品賞に輝いたのは!?

2018/11/14 16:03 配信

第98回ドラマアカデミー賞 受賞結果を発表中!

第98回ドラマアカデミー賞 受賞結果を発表中!

2018年夏(7~9月)クールに放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第98回ドラマアカデミー賞」全9部門の結果を発表中。最優秀作品賞には、綾瀬はるか主演の「義母と娘のブルース」(TBS系)が選ばれた。

同作は、バリバリのキャリアウーマン・亜希子(綾瀬)が、夫・良一(竹野内豊)と前妻との娘・みゆき(横溝菜帆/上白石萌歌)と“親子”になろうとするストーリー。不器用ながらも絆を築いていく2人の姿が視聴者の感涙を誘った。

同作を手掛けた飯田和孝プロデューサーは、「この賞は、関わった全員が登場人物とこの作品を愛し、全力疾走した結果だと思います」とコメント。

また、「物語中盤での『良一さんの死』という意外性はありますが、死を悲しむのではなく、生きることに前向きであり続ける人物たちを描き、明るいドラマを目指しました。家族や愛にはいろいろな形があってもいいというのもテーマの一つです」と作品に込めた思いを明かした。

そのほかの受賞結果は下記の通り。(受賞者のコメントはWEBサイト「ザテレビジョン」にて掲載)

主演男優賞:山崎賢人(「グッド・ドクター」)

主演女優賞:永野芽郁(連続テレビ小説「半分、青い。」)

助演男優賞:佐藤健(連続テレビ小説「半分、青い。」)

助演女優賞:上野樹里(「グッド・ドクター」)

監督賞:常廣丈太氏、瀧本智行氏(「dele」)

脚本賞:森下佳子氏(「義母と娘のブルース」)

ドラマソング賞:星野源「アイデア」(連続テレビ小説「半分、青い。」主題歌)

ザテレビジョン特別賞:「チア☆ダン」ダンスパフォーマンス

↓↓ドラマアカデミー賞 特設ページはこちら!↓↓

関連番組

関連人物