加賀楓、上國料萌衣、小野瑞歩の吹奏楽トーク前編「水泳部と間違えられます!」【ハロプロ誕生20周年記念連載】

2018/11/26 18:00 配信

音楽

月刊ザテレビジョンで掲載中のハロー!プロジェクト誕生20周年記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。本誌1月号の吹奏楽部トークに登場してくれた、モーニング娘。’18の加賀楓(トランペット)、アンジュルムの上國料萌衣(パーカッション)、つばきファクトリーの小野瑞歩(フルート)がWEB版にも登場。ここでは本誌で載せきれなかった吹奏楽トークをお届けします! まずは前編から!!

皆さんが担当されていた楽器の印象を教えてください

加賀楓「フルートは、すごく大人しい子が集まるイメージ」

上國料萌衣「確かに! あと、頭がいい人も集まりそう!」

加賀「喋るときも、(声色を変えて)何かこうだよね〜って。女の子っぽい感じ」

上國料「そう、ほわほわしてる感じですよね!」

小野瑞歩「私もそんなイメージでフルートに入りました。でも、吹部(吹奏楽部)自体に大人しい子がいなくてワイワイ系だったので、ちょっと違かったんですよ」

上國料「トランペットは逆に元気な人が集まっているイメージ」

小野「分かります。金管楽器は元気なイメージ。実は私、トランペットも持ってますよ!」

上國料「持ってます!?」

加賀「持ってる? なんで!?」

小野「家にあって、トランペットも吹けますよ!」

加賀・上國料「ふえ〜(驚)」

加賀「私は一時期パーカションをやりたかったな。オーケストラや吹奏楽の映像を見ていると、パーカスの人っていろんな楽器を叩いているじゃないですか。順応性じゃないですけど、いろいろ出来る人になりたいなって思って、パーカスに移動しようと思ったことがありました」

上國料「トランペットってどの曲にも必ず目立つパートがあるからいいじゃないですか!」

加賀「パーカッションは口が疲れないからいい(笑)! 金管楽器はマウスピースをつけて、唇を長時間使うので結構痛い。その点、パーカッションは口を使わなくていいし、腕だけでいいから楽なのかな!?って。順応性に憧れたのはあるんですけど、サボりたいなって思った面も少しありましたね(笑)。でも、当時はリズム感が全然ないので、できなかったと思いますけど」

上國料「私もそう思ってました…。実際やったら難しいですけどね(笑)。最初は手首を使うだけなので簡単っていう意識でやってましたけど、実際は先生から「パーカッションが一番大事だよ。心臓だよ!」って結構怒られて、そこから本気で練習するようになりました。それまでは指揮に合わせて、なんとなくリズムを刻んでみたいな感じだったんです。でも、ほかにパーカッション担当が5人くらいいたんですけど、先生に一番向いているねって言われたんですよ! 自分で言うのもおかしいんですけどね(笑)」

加賀「あんまり吹奏楽部にはないんですけど、カホーンっていう楽器をやってみたかったな。叩いている先輩がいたんですけど、それがめちゃめちゃカッコよかったんですよ。初めて見た楽器で新鮮っていうのもあるんですけど、よく知らない楽器を演奏できるっていうことに憧れを持っていたので。一回やってみたいなって」

フルートは指が疲れる? (2/4)

●発売中
アルバム『first bloom』
つばきファクトリー
【通常盤】3000円(税込) 
【初回生産限定盤A盤】6000円(税込) 
【初回生産限定盤B盤】4000円(税込) 
●発売中の月刊ザテレビジョン1月号ではモーニング娘。’18の加賀楓、アンジュルムの上國料萌衣、つばきファクトリーの小野瑞歩が吹奏楽トーク! そのほかチェキプレゼントやハロプロメンバーのプライベート写メなどを掲載!
◆ザテレビジョンWEBで「ハロープロジェクト」総力特集ページ公開中!↓↓◆

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース