野村周平主演ドラマ「MAGI―」が180以上の国と地域で世界同時配信

2018/12/11 08:00 配信

ドラマ

【写真を見る】「MAGI-天正遣欧少年使節-」ポスタービジュアルが解禁! 野村周平らが“見知らぬ国”に旅立つ勇ましい表情を見せている

【写真を見る】「MAGI-天正遣欧少年使節-」ポスタービジュアルが解禁! 野村周平らが“見知らぬ国”に旅立つ勇ましい表情を見せている

動画配信サービス=Amazon Prime Videoで配信する独占配信の4K歴史エンターテイメントドラマ「MAGI-天正遣欧少年使節-」が、2019年1月17日より全世界180以上の国と地域で世界同時配信されることが決定。さらに、全10話からなる物語が解禁される。

4Kで制作されている日本のドラマが、Amazon Prime Videoで180以上の国や地域で同時配信されるのは、日本初の試みとなる。

本作は、映像化不可能と言われた16世紀の日本人少年冒険記。時は戦国時代。アジア、そしてヨーロッパを舞台に、歴史上の人物たちが登場する壮大なスケールの歴史ドラマとなる。世界遺産として残る歴史的な場所を舞台に壮大なスケールで描く歴史物語をすべて4Kで制作、長期間の海外ロケを敢行し、次世代グローバル基準のハイクオリティー映像で作り上げた。

時代に翻弄されながら自らの道を歩む少年たちと歴史上の人物たちの素顔。物語に登場するのは、信長、秀吉。そして、グレゴリオ暦に改暦したローマ法王グレゴリウス十三世、太陽の沈まぬ王国スペインの王フィリペ二世など、激動の時代に名を残す歴史的な人物ばかり。

そんな中、容姿も美しく、品格のある領主の血縁者から選ばれたとイエズス会記録に残る4人の少年たち。伊東マンショ、中浦ジュリアン、原マルティノ、千々石ミゲル。彼らの8年におよぶ過酷な旅路、堂々と法王謁見(えっけん)を成し遂げた彼らは、何を思い、何を見たのか――。

鎌田敏夫が脚本を担当し、「闇打つ心臓」「西の魔女が死んだ」「少女たちのたちの羅針盤」など国際的に評価の高い長崎俊一監督がメガホンを取る。さらに「世界遺産」を手掛けてきたTBSビジョンがプロデュースする。

主人公・伊東マンショには、「ライチ☆光クラブ」(2016年)、「ちはやふる」シリーズ(2016、2018年)、「帝一の國」(2017年)、「ラブ×ドック」(2018年)、「純平、考え直せ」(同)、「ビブリア古書堂の事件手帖」(同)などの人気話題作に立て続けに出演し、人気・実力ともに注目を集める野村周平。

中浦ジュリアンには、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(2013年)、「羊と鋼の森」(2018年)、「青の帰り道」(同)などの話題作への出演が続く森永悠希。原マルティノには、「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)や映画「海辺の生と死」(2017年)、「あゝ、荒野(前編)」(同)、ドラマ「義母と娘のブルース」(2018年、TBS系)などで知られ、注目度急上昇中の若手・井之脇海。千々石ミゲルには、ドラマ「陸王」(2017年、TBS系)で俳優デビューを果たした緒形敦。さらに、4人の少年たちと一緒に旅をする日本人の母とポルトガル人の父を持つドラードを佐野岳が演じる。

そして、少年たちに「旅に出よ。海の向こう見知らぬ国に行って参れ」と送り出す織田信長役を吉川晃司が10年振りに演じ、バテレン追放令でキリスト教徒を弾圧する豊臣秀吉役に緒形直人が初めて挑む。

野村周平ら主要キャスト5人のコメントはこちら (2/3)


「MAGI-天正遣欧少年使節-」
2019年1月17日(月)から180以上の国と地域で全10話世界同時配信
出演=野村周平、森永悠希、井之脇海、緒形敦、佐野岳、エリック・ボシック、ボブ・ワーリー、緒形直人/吉川晃司
原案=若桑みどり著「クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国」(集英社文庫刊)
脚本=鎌田敏夫
音楽=大友良英
監督=長崎俊一
配信=Amazon Prime Video
公式サイト=https://www.magi-boys.com/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース