内田理央、ヒール&ミニスカでのアクションに「大変でした」

2018/12/12 00:05 配信

ドラマ

「カッチリとした服装なのかなと思いきや、ヒールにミニスカという格好だったので(苦笑)」と明かす内田理央

「カッチリとした服装なのかなと思いきや、ヒールにミニスカという格好だったので(苦笑)」と明かす内田理央

女優・モデルの内田理央が、2019年1月5日(土)にスタートするドラマ「連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~」(毎週土曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム)の完成披露試写会&舞台あいさつに登壇。共演の玉木宏、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩と武正晴監督、原作者の羽田圭介と共にドラマの見どころを語った。

同作品は、羽田の原作小説を初の連続ドラマ化したもので、記憶と勘を武器に指名手配犯を捜し出す“見当たり捜査員”が不可解な事件の真相に迫る姿を描くサスペンスアクション。

警視庁捜査共助課で、自ら記憶した指名手配犯の顔だけを頼りに潜伏する容疑者を捕まえる“見当たり捜査員”の白戸崇正(玉木)は、部下の安藤香苗(内田)、谷遼平(町田)と共に群衆の中から指名手配犯を捜し続けていた。

ある日、白戸は4年前に死んだはずの先輩刑事・須波通(渋川)を見つける…というストーリー。

舞台あいさつでは、内田が“見当たり捜査員”役について「最初に刑事役と聞いたときはカッチリとした服装なのかなと思いきや、ヒールにミニスカという格好だったので(苦笑)」と、群衆に紛れる“見当たり捜査員”ならではの衣装に困惑したエピソードを披露。

さらに、「その(ヒールにミニスカートという)格好でのアクションだったので、本当に大変でした。なれたものじゃないな、と。しかも、アクションは少し体験したことはあったのですが、柔道はなじみがなくて。でも、監督が柔道経験者だったので、ご指導していただきました」と裏話を語った。

「連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~」
2019年1月5日(土)スタート
毎週土曜夜10:00-11:00
WOWOWプライムにて放送
※全5話(第1話無料放送)
【番組ホームページ】https://www.wowow.co.jp/dramaw/kao/

◆2019年冬ドラマまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース