高山一実「変態に興味がある」と告白、SNSに「変態」の文字飛び交う

2018/12/12 21:07 配信

バラエティー

高山一実

高山一実

11月に小説家デビューを果たした乃木坂46の高山一実が12月11日の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系) にゲスト出演。「変態の方が好きなので、普通の人より変態に興味がある」と発言し、スタジオをざわつかせる場面があった。

小説の中で「童貞」という言葉を使用していることを指摘された高山は「アイドルの仕事をしていたら、“その言葉”を使うのはタブーという認識があると思うんですけど、文章にした時に適した“漢字2文字”があったので」と返答。陣内智則から「そこは、(童貞を)口にはしないんだね」とツッコミが入ると、高山は「切り分けは大切だと思っているので、アイドルの時は口にしないけど、小説では使います」と自分の中のルールを明かした。

さらに、芥川賞作家の羽田圭介が「角膜レベルでの変態は救いようがない」という小説の一文を引用して「一生懸命考えた文章じゃなくて、さらっと出ている。普段から思っているんだろうな。女性の意地悪な目線がすごい上手」と絶賛。これについて陣内が「頭にイメージしているの? 今日変態が握手会来ていたな、とか」と切り込むと、有田も「握手会で、『ありがとうございました』て、言いながら、『角膜レベルの変態がぁ』って思ってる?」と問い詰めた。

「思い浮かんでいます」とぶっちゃけた高山は、続けて「でも、変態の方が好きなので。普通の人より変態に興味があるので、握手会でも変わった方のほうが優しくしてしまいます、いろいろ話聞きたくなったり」と笑顔で語った。

SNSでは「変態でよかった」「今日から変態になります♪」「もう、高山一実推し、変態だらけになっちゃうよ♪」など“変態”の文字が飛び交っていた。

次回の「有田哲平の夢なら醒めないで」は12月18日(火)夜11:56より「美人演歌歌手の年末カミングアウトSP」を放送予定。

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース