宮藤官九郎、大河ドラマ執筆は予想外だった?「どうやって怒られずにやっていこうかな」<“いだてん”ウラ噺(1)>

2018/12/17 06:00 配信

ドラマ

2019年1月6日(日)から、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)がスタートする。

同作は、中村勘九郎と阿部サダヲが主演を務め、日本とオリンピックの歴史を描く物語。

日本初参加の1912年のストックホルムオリンピックに出場した男・金栗四三(勘九郎)と、1964年の東京オリンピック開催に奔走した田畑政治(阿部)という2人の主人公がリレー形式で登場し、古今亭志ん生(ビートたけし)の落語によって物語をナビゲートしていく。

今回「ザテレビジョン」では、脚本を務める宮藤官九郎のインタビューを2回にわたって紹介。

前編では、大河ドラマでは33年ぶりの近現代劇で、放送前から話題を呼んでいる今作にかける思いや、主人公を2人に決めた理由などを語ってもらった。

インタビューへ! (2/3)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」
2019年1月6日(日)スタート
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送
※初回は15分拡大

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース