宮藤官九郎「正直、僕もいっぱいいっぱい」歴史群像劇を描く苦労を明かす<“いだてん”ウラ噺(2)>

2018/12/17 17:00 配信

ドラマ

中村勘九郎、阿部サダヲ主演で描く大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」

中村勘九郎、阿部サダヲ主演で描く大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」

2019年1月6日(日)から、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が放送される。

日本で初めてオリンピックに参加した男・金栗四三(中村勘九郎)と、1964年の東京オリンピック実現に奔走した男・田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公がリレー形式で登場する本作。

2人を中心に、1912年のストックホルムオリンピックから、1964年の東京オリンピックまでの日本人の“泣き笑い”を描いていく。

今回「ザテレビジョン」では、脚本を務める宮藤官九郎のインタビューを2回にわたって紹介。後編では、「たくさんの登場人物に混乱することはないのか」や、「長丁場の脚本執筆には苦労も?」などの疑問に答えてもらった。

第1回は「ちょっと壮大なプロローグ」

――6日に放送される第1回は、どのようになっているのでしょうか。

第1回の構成は最初から考えていました。

このドラマは、1964年の東京オリンピックまでの物語なんですが、時代がさかのぼって、明治時代の日本人はオリンピックのことをなんにも知らなかった。そのことが伝えられる1話になればいいなと思っています。

とても長いスパンを描くドラマなので、「これは長いスパンの話ですよ」っていうことを1話で分かってもらおうと思って、明治時代の金栗さんも、昭和初期の田畑さんも登場させたんですけど、ちょっと壮大なプロローグという感じです。

――いろいろな時代の登場人物が代わる代わる出てきますが、書いていて頭が混乱することはないんですか?

正直、僕もいっぱいいっぱいです(笑)。

金栗さんの時代は、資料が全然残ってないので、「こうだったんじゃないか」っていうフィクションが入れられるんです。でも田畑さんの時代は、大概の記録が残っているんですよ。

1932年のロサンゼルスオリンピック当時の記録には、選手が何を食べたかっていう資料もあるくらい。そうすると、もう嘘がつけないので、「なんでこんなに資料ってあるんだろう」とイライラしながら書いてます。

エピソードが入り切らなくなっちゃうので、何を捨てていくかっていうことを考えてます。

――明治から1964年の日本について、たくさんの資料を読まれたと思いますが、どのような時代だったと捉えて描いているんでしょうか?

僕たちは、資料を見て時代を振り返っているので、「この後はこういうことが起こる」って知っているけど、例えば昭和12~13年当時の人たちは、当たり前ですけどその数年後に戦争があることを知らないので、どういう気分だったんだろうなということはすごく考えます。

実話ベースのドラマを書くのは初めてですし、時代物も正直あまりちゃんとはやったことはなかったので、今はそういうことを考えるのがすごく勉強になります。

金栗さんは、海軍兵学校に入りたかったのに不合格になり、東京に出てきたっていうエピソードがあるんですけど、今の時代を生きている我々の感覚からすると、どういう気持ちなんだろうなって思うんです。

なるべく、その気持ちをスルーせずに描いていきたいなと思っています。

――今作では、1940年に東京での開催を予定されていた「幻のオリンピック」にも触れるそうですね。

1964年の東京オリンピックについては、当時生まれていなくても印象に残っている人が多いとは思うんですが、実はその前に予定されていた東京オリンピックが、開催できず返上したということを、意外と知らない人が多いですよね。

その部分を、このドラマではしっかりと描きたいと思っています。

オリンピックの舵取りをする人が亡くなって、国のムードも不穏になって、結局1940年の東京オリンピックは返上することになってしまうんですが、そういう経験をした当時の人々にとって、1964年のオリンピックはやっぱり悲願だったんだろうと思うんです。だからこそ、ちゃんと描きたいです。

長丁場の執筆は大変? (2/2)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」
2019年1月6日(日)スタート
夜8:00-8:45ほか※初回は15分拡大
NHK総合ほかにて放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース