内村光良、殺陣シーンに意外なモデルが「『ドン・フライ対高山戦みたいな感じで』って言われて」<忍べ!右左エ門>

2018/12/16 22:10 配信

ドラマ

体を使った殺陣はお手の物と思いきや…

体を使った殺陣はお手の物と思いきや…

「LIFE!~人生に捧げるコント~」のスタッフ、キャスト陣が手掛けるスペシャルドラマが、12月19日(水)に夜10時からNHK総合で放送される。主演を務めるのは、「LIFE!」の座長・内村光良で、タイトルは、「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」だ。

同作は、内村扮する「LIFE!」の人気キャラクター「宇宙人総理」を生み出した倉持裕が描く“忍者アクションコメディー”。

元忍者の右左エ門(内村)は、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子の序助(中川大志)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)捜しを依頼される。おことの父親が江戸城に囚われていることをつきとめた右左エ門は、体を張って江戸城に潜入することに。救出のため、右左エ門たちは城を守る現役忍者たちとの戦いに挑む。

6年目を迎えた「LIFE!」が初めて手掛けるドラマに、内村はどのような気持ちで撮影に臨んだのか。インタビューを行い、撮影現場の雰囲気や、座長として心がけていることを聞いた。

撮影の合間、忍んで待っていることが多くて…

――いつものコント撮影と、ドラマの撮影では現場の雰囲気に違いはありましたか?

いつものコントの時は、同時に6~7台のカメラを使ってマルチアングルで一気に撮るんです。

でも、今回はドラマなので、1台のカメラでコツコツコツコツ撮っていくんですよね。その時間、待つ!っていう…。 

撮影の合間、忍んで待っていることが多くて…まさに「忍べ!右左エ門」なんつって!(笑)

――決めのコメント、ありがとうございます!(笑) 忍者役の方々のアクションも今作の見どころだと思いますが、撮影はいかがでしたか?

堤さんと、現役忍者の数馬役の健太郎くんの殺陣を見たら、すごいかっこよくて、「俺の殺陣と全然違うじゃん!」と思いました。

僕の殺陣はドッタバタしてるんです。肉弾戦が多くて、指導の先生から「ここは、ドン・フライ対高山戦みたいな感じで頭突きしてもらって…」って言われるくらい(笑)。もはや剣とか持たずに、普通に叩いてるシーンも多くて。

でも、それぞれ特色があって面白いんじゃないですかね。僕は老体にムチ打って頑張りましたよ。

――堤さんのアクションと、内村さんのアクションはどんなところが違うんでしょうか?

堤さんの殺陣は、慣れていらっしゃるのでキレイなんですよね。ガタイがいいので流麗に見えて、着流しの衣装もまたかっこいい! 

僕と中川くんと古田さんの忍者の衣装は、どこぞの客寄せパンダみたいな服なんです(笑)。

長次が営んでいる呉服問屋の「紅前屋」が制作した設定なんですけど、長次の衣装には、よく見ると鶴の模様が入ってるんです。

「長次は、自分でみんなの衣装作って、自分がリーダーだと思って鶴を模様入れたんだ」っていう裏設定が分かって、面白いなって思いました(笑)。

座長から見た撮影現場は? (2/2)

「LIFE!~人生に捧げるコント~」
12月18日(火)夜10:00-10:45
「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」
12月19日(水)夜10:00-11:10
共にNHK総合にて放送

◆「LIFE!~人生に捧げるコント~」の関連ニュースを続々更新!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース