ディーン・フジオカ 井浦新との再共演に喜び「一緒にいてすごく安らぐ」

2018/12/29 10:00 配信

ドラマ

2019年1月6日(日)に放送されるスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』」(夜9:00-11:54フジテレビ系)で、ディーン・フジオカと井浦新がW主演。ディーンにとって今作は、2018年に放送された連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(フジテレビ系)に続いて、古典をモチーフにした作品となる。

スペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』」に出演するディーン・フジオカ

スペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』」に出演するディーン・フジオカ

撮影=横山マサト

――今回の『レ・ミゼラブル』は、時代や人物が平成の30年間に置き換えられていますが、台本を読まれての印象は?

“モンクリ”に続いての名作シリーズみたいになってますが、脚本が分厚いんです! さすが、フジテレビ開局60周年特別企画だな思いました(笑)。読んで最初に思ったのは、いい意味で“モンクリ”と同じ変換の仕方をしているということ。原作と歴史的背景も社会背景も違いますが、作品のコアにある人間の精神性を現代に置き換えている。それを平成の30年間を通して描いているのですが、平成は30歳以上の人であれば、全員が共有している時代です。そういった同時代性を感じられることは興味深いと思います。

僕自身、途中日本にいない時期もありましたが、脚本を読みながら、いろいろと思い出す出来事がありました。その時代の移り変わりと共に2人の男の生きざまが描かれていて、とても引き込まれるんです。2人は運命こそ違えば、心から分かり合える親友になれたかもしれないのに、対決せざるを得ない立場に生まれてしまった。その辺の皮肉さが、まさにタイトルの『レ・ミゼラブル』(悲惨な人々、哀れな人々)通りだなと思いました。

ディーンが演じる役どころは (2/4)

フジテレビ開局60周年特別企画
「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」
2019年1月6日(日)夜9:00-11:54 フジテレビ系

◆おすすめ年末年始テレビ番組イッキ見せ!!◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース